« 宅配ロボの力やいかに - 宅配ピザのコスト構造 | トップページ | 飲酒は程ほどに - アルコールに適量なし »

シティバンク・シンガポールの値上げ

皆様お久しぶりです。
体が溶けそうな気温の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
さて、今日のネタは情報共有です。

先日連絡が来て驚いたのですが、シティ・シンガポールのネットバンク口座(IPB)の料金が改定されるそうです。
2017年3月31日から残高10万ドル以下の口座に対し、$50の口座管理維持費を取るとのこと。

こちら↓が原文の抜粋。

To ensure that our clients continue to enjoy the benefits of a Citi relationship, we will be revising our monthly account service fee structure next year. This revised monthly account service fee of US$50 will only be charged for accounts with a Total Relationship Balance falling below US$100,000 from March 31, 2017.

日本では馴染みが無いのですが、海外では口座を持つ人に対し維持費を取るのが普通です。
ただし口座維持費が免除される口座残高が決まっており、それ以上の残高があればお金はかかりません。
日本のシティでもありましたね。

私が作った当時は5千ドルだったのですが、いつの頃から1万ドルになり、今度は10万ドルに・・・。
ハードル高くなりすぎでは?
なお、ネットの場合は上記の通りですが、通常の口座はもっとハードルが上がるようです。

Photo

シティバンクインターナショナル・パーソナル・バンク シンガポール

マネロン対策のため、最近ではネットでの口座開設を断っているそうで、小口顧客の締め出しが続いているという印象です。

Blog of FireFOX:Citibank Singapore IPB口座開設

以前は英語、中国語のみの対応でしたが、いつの頃からか日本語に対応するようになりましたし、担当が日本の方だったのでとても有難く重宝していたのですが、維持は難しいかも知れませんね。

資金のお引越しは面倒な上に慎重にやらねばならず、大変なので出来れば避けたいところなのですが、仕方なさそうです(涙)

|

« 宅配ロボの力やいかに - 宅配ピザのコスト構造 | トップページ | 飲酒は程ほどに - アルコールに適量なし »

投資」カテゴリの記事

コメント

初めまして。Citi口座維持手数料で検索して、こちらにたどり着きました。
驚きますよね。いきなり10倍とは。
私の所には「20万米ドル相当以上無いと、手数料が発生します」とメールがあり、さっき電話で問い合わせたところ、やはり20万ドル以上だと言われました。
私の口座は通常の口座にあたると思いますが、なにか10万ドルでもOKな口座があるのかな?とちょっと謎です。
それにしても、アメリカ発祥の銀行らしいと言えばそれまでですが、涙涙です。

投稿: ちゅん太郎 | 2016年8月26日 (金) 12時55分

ちゅん太郎さん
コメントありがとうございます。

1万ドルから2万ドルに変更とかならまだ良いのですが、
10万ドル、20万ドルは厳しいですね。
段階的に上げていく雰囲気はありましたが、
本当にいきなりですね。
マネロン対策なのか、マイナンバーで小口の資金逃避組みが増えたのか・・・。

>10万ドルでもOKな口座
私はIPBというネット部門を使っています。
みずほ銀行ネット支店みたいなものでしょう。
ちゅん太郎さんはおそらく対面支店なのではないでしょうか。

なお、現在IPBは開設を断っているそうです。

投稿: なる | 2016年8月26日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/64110815

この記事へのトラックバック一覧です: シティバンク・シンガポールの値上げ:

« 宅配ロボの力やいかに - 宅配ピザのコスト構造 | トップページ | 飲酒は程ほどに - アルコールに適量なし »