« 翻訳ツールの進化 | トップページ | 海運業界の不況と新興企業の参入② - アマゾンの参入 »

蔡英文氏について台湾オタクが盛り上がっている模様

台湾の次期大統領に決まった蔡英文さんですが、台湾のオタク達の中で、ゲームキャラの霧島に似ていると話題になっている様です。
メガネくらいしか似てないでしょ(笑)

蔡氏が「艦隊これくしょん」の “霧島” に激似と話題になっていたのをご存知だろうか? 確かに似てるっちゃ似ている! そんな蔡氏が台湾版コミケに現れたところ……会場が予想もしない盛り上がりを見せたというのだ。
>>艦これ “霧島” に神似と話題! 台湾次期総統が同人イベントに降臨したらこうなった

早速SDキャラが書かれている様です。
しかし、やっぱり似てない…。
ただ、動画を見る限り、人気の程は確かな様です

まあ、ネタは兎も角として、台湾は日本の貿易黒字相手国の上位で、年間1兆円以上の利益をもたらしてくれます

国別貿易収支2012.png

経済社会を知りたい:貿易はどう変わってきたか<その3 輸入相手国>
外務省:台湾(Taiwan) 基礎データ

現大統領の馬英九氏は、どちらかと言うと親中派だった様ですが、蔡氏は親日派で通っている様です。
今もそうですが、台湾の主要な貿易黒字先は中国ですから、時代の流れとして中国重視なのは致し方なかったわけですが、ここに来て日本も見直された様です。

台湾の貿易相手国の変遷

The Heritage Foundation:Market Solutions Should Be Central to U.S.’s Taiwan Policy

経済危機や国内生産で中国の購買力が落ちたのか、余程中国がいやだったのか…。

お得意様の社長がこちらに好意的なのは、日本にとっては追い風です。
ビジネス拡大に繋げられると良いですね。

|

« 翻訳ツールの進化 | トップページ | 海運業界の不況と新興企業の参入② - アマゾンの参入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/63157891

この記事へのトラックバック一覧です: 蔡英文氏について台湾オタクが盛り上がっている模様:

« 翻訳ツールの進化 | トップページ | 海運業界の不況と新興企業の参入② - アマゾンの参入 »