« シカゴ証券取引所が中国資本に買収される | トップページ | 岐阜県のモネの池 »

安いルーターにご用心

喫茶店などの無料wifiを利用したハッキングは有名ですが、家庭内の無線ルーターも脆弱性があり、しばしばハッキングの対象になる様です。

プログラムの1つに欠陥があり、世界中の何百万台ものコンピューターがハッキングのリスクにさらされているという内容だった。…(中略)…このルーターの欠陥は、コンピューターセキュリティーにおける長期的な問題を浮き彫りにする。商品がいったん世に出ると、バグの修正がしばしば困難になる、そしてそれが見過ごされることが少なくないということだ。
>>家庭用ルーターに潜む危険-修正されないバグ

ルーターのハッキング

ユーザーが修正パッチの配布に気付かなかったり、安いルーターだと脆弱性が修正されなかったりで、放置される事がよくあるのだとか

WSJが市販されているルーターを20種調査した様ですが、中にはハッキングの技術が存在している端末もある様です。
また、同じブランドの中にも価格の差等により良し悪しがある様です。

ルーターのセキュリティ

WSJ:Is Your Home Router Vulnerable to Hackers?

通信速度などルーターのスペックは値段に依らず大体同じです。
数字上で差があるとすれば通信範囲位なもの。
一方で値段は1,000円位から数万円と乖離がありますから、安い方に流れるのは仕方がありません。

また、最近は光通信とかに加入すると、ルーターを無料で貸し出してくれたりします。
そのルーターがセキュリティ上問題ないかどうか、一々調べたりはしないでしょうから、そこも盲点になりそうです。

私も借りたルーターに修正パッチを当ててみようとしたのですが、パスワードがわからず苦労しました。
ネットでもあまり情報がないところを見ると、更新している人は少ないのかも知れません。
その割りに更新はそこそこある様ですから、意外とその辺りは緩そうです。

最近、ウィルスメールが多いわけですが、セキュリティについて、こういった部分も気にした方が良さそうです。

理経済:ウィルスメールが届いた

|

« シカゴ証券取引所が中国資本に買収される | トップページ | 岐阜県のモネの池 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/63197186

この記事へのトラックバック一覧です: 安いルーターにご用心:

« シカゴ証券取引所が中国資本に買収される | トップページ | 岐阜県のモネの池 »