« 燃料電池搭載型のハイブリッド飛行機が誕生 | トップページ | ガチャピンがスケスケに »

映画「オデッセイ」を見てきた

普段、映画は好きな監督かノンフィクションを見ているのですが、今回は映画レビューに興味を持ち、「オデッセイ」を見てきました。

近未来の火星。ルイス船長(ジェシカ・チャステイン)率いる6名の火星探検隊は猛烈な砂嵐に見舞われ、地球への緊急帰還を余儀なくされる。だが、ロケットへ退避する途中、植物学者のワトニー(マット・デイモン)は不運にも事故に遭い、ひとり火星に取り残されるはめに。…(中略)…夜はビデオカメラのモニターに映った自分を相手にしゃべり続けることで、砂地獄のように待ち構えている孤独さから身を守る。松岡修造を上回る超ポジティブ男の誕生である。
>>松岡修造よりもポジティブな男が火星にいた!! とにかく明るいサバイバルライフのすすめ『オデッセイ』

オデッセイ

オデッセイ2

映画『オデッセイ』オフィシャルサイト

松岡修造に引かれて、大して期待もせずに見に行ったわけですが、結論から言うとかなり面白かったです。

解説にもありますが、主人公は火星探査に来た宇宙飛行士ですが、天災にあいプロジェクトは中止、クルーは地球へ帰還します。
しかし主人公は色々あって火星に取り残されてしまいます。

幸い、居住施設は使える状態で火星に放棄されていた為、食料等ですぐ死ぬという事はなかったものの、地球からは距離が離れており、救援物資も届かず、次の火星計画も4年後と、どう考えても絶望的な状況におかれます。

普通に考えれば死を受け入れるしかないのですが、絶対ここでは死なないと決意し、あの手この手で生き延びようと努力します

この映画は、最近流行の特殊なアクションや、度迫力のCGが出てくるわけではありません。
そういった面ではむしろ地味な映画で、主人公の農作業やドライブを見るだけの映画です。
しかし綿密な計算やあるものを只管利用し、諦めずに問題を解決していく姿勢と、発想力が大変面白く、引き込まれました。

物語の性質上、日々の状況が端折られていますが、テンポもよく引き込まれました。
お勧めなので、皆さんも是非どうぞ。

|

« 燃料電池搭載型のハイブリッド飛行機が誕生 | トップページ | ガチャピンがスケスケに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/63179499

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「オデッセイ」を見てきた:

» 映画『オデッセイ』 THE MARTIAN ネタバレでお節介な解説 [グドすぴBlog]
(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせるのは、科学と人類の進歩のポジティブな面。観た後に明るく前向きな気持ちになりました。 観終わって買い物中の嫁と合流し...... [続きを読む]

受信: 2016年2月20日 (土) 00時55分

« 燃料電池搭載型のハイブリッド飛行機が誕生 | トップページ | ガチャピンがスケスケに »