« そうだ京都へ行こう - FCVのカーシェア | トップページ | 英国の燃料電池自動車 »

100ドル札の危機

アメリカで、100ドル札廃止の危機に晒されている様です。

100ドル札は米国で最も人気のある紙幣だ。それにもかかわらず、最も絶滅の危機に瀕している紙幣とも言えそうだ。…(中略)…この論文では、1000スイスフラン(約12万円)札や500ユーロ(約6万4000円)札、100ドル(約1万1000円)札といった高額紙幣の廃止が不正行為の削減につながる上、脱税者やテロ集団、麻薬密売人、金融犯罪者、人身売買人を苦境に追い込むと主張している。
>>米で繰り広げられる100ドル紙幣廃止構想

100ドル札の危機

6万円以上の価値がある500ユーロは兎も角、100ドルと言うと日本の1万円札に相当するわけですから、これを高額紙幣に分類して良いかは正直謎です。
米国では以前、1000ドル札とか10万ドル札があり、歴史の中で廃止されてきたわけですが、100ドル札まで削るとなるとちょっと…。
また、日本が追随して万札なくそうとか言い出す気もします。

米国に住んでいる人は電子マネーで対応できるでしょうが、旅行とかで米国を訪れる人は難儀しそうですな。
それに現代ではビットコインとかあるわけで、この程度でテロや密売を防げるとは考え難いのですが、どうなのでしょう。

ちなみにこちら↓が当時の紙幣です。
コレクターには垂涎物なのでしょうな。

10万ドル札 1000ドル札

Gigazine:アメリカで発行された超高額紙幣あれこれ、最高額は10万ドル

|

« そうだ京都へ行こう - FCVのカーシェア | トップページ | 英国の燃料電池自動車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/63249563

この記事へのトラックバック一覧です: 100ドル札の危機:

« そうだ京都へ行こう - FCVのカーシェア | トップページ | 英国の燃料電池自動車 »