« イモの科目にも色々あるらしい | トップページ | Audiが燃料電池自動車を発表 »

サウジアラムコが上場検討中

サウジアラビアの石油公社「サウジアラムコ」が上場を検討しているそうです。
今の時期に上場しても見入りは少なくなってしまうと思うのですが、そこまで追い詰められているのでしょうか。

世界最大の石油企業であるサウジアラビアの国営サウジアラムコは9日までに、同社もしくは一部の子会社の株式上場などを含む民間投資の受け入れ策を検討していることを明らかにした。…(中略)同社は世界の原油生産量のうち12%を占める。確認済みの埋蔵量でも世界全体の約15%に当たる約2610億バレルを押さえている
>>財政難のサウジ、国営石油の上場検討 時価総額数兆ドルか

理経済:サウジアラビア通貨庁(SAMA)が投資資金を引き上げ

国家の収入を確保するため、四苦八苦している様です。

株式には発行市場流通市場があります。
ざっくり言うと、流通市場とは皆様が普段売買しているであろう、東京証券取引所等の取引が出来る場所・システムです。

一方発行市場はIPOやPOなど、取引所で取引される前に行われる株式の売買(募集・売出)です。
個人も参加できますが、大部分は金融機関等の機関投資家内で行われます。
会社にお金が入るのは、この発行市場での金額が基準となります
その後株価(流通市場での評価)が上昇しても、必ずしも企業にお金が入るわけではありません。

詳細はこちら↓をご覧ください。

日本証券業協会:株式投資編
金融大学:発行市場と流通市場

サウジアラムコの収入源は、(当たり前ですが)ガソリン・ディーゼル(軽油)・重油に偏っています

サウジアラムコの製品構成

サウジアラムコ:2014年 年次報告書 PDF

石油価格の下落は収入に直結しますし、将来性を示せず、発行市場での価格が下がってしまうのですが、それでもがんばる様です。
サウジも相当追込まれている様です。

まあ、そうは言っても採算ラインは1バレル6ドル程度の様ですから、ドル箱なのは変わりない様ですが。

サウジアラビアの原油生産直接コスト

Market Hack:サウジ・アラムコがIPOを検討

それにしてもサウジは追詰められている割には原油の減産を支持していません。
シェールやイランの原油輸出を恐怖しているのでしょう。
日本も、今は原油が下がっていて油断していますが、将来的にはOPEC側の寡占が進んで、前より厳しい事になりそうです。

|

« イモの科目にも色々あるらしい | トップページ | Audiが燃料電池自動車を発表 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/63045340

この記事へのトラックバック一覧です: サウジアラムコが上場検討中:

« イモの科目にも色々あるらしい | トップページ | Audiが燃料電池自動車を発表 »