« 飛行機にスカイデッキが登場 | トップページ | 韓国が格上げ - Aa3→Aa2へ »

サービスの変動価格制の広がり

米国で価格の変動化が進んでいるそうです。
今までは固定価格が一般的だったサービス業にもその波が押し寄せている様です。

米インディアナ州にあるインディアナポリス動物園の入園料はかつて、大人が16.95ドルだった。だが今は金額が変動する。…(中略)…エコノミストによると、こうした変動価格のもとでは消費者の支払う金額が平均すると高くなる傾向がある。最も需要が高まるときに商品を買う傾向にある人にも影響がある。
>>5分で変わる高速料金―米で広がる変動価格

価格のピーク
左:スイスバレー・スキー場の大人料金、中央:インディアナポリス動物園の大人入園料
右:ダラス近郊の高速道路(I-820号線)の6マイル分の平均料金

WSJ:ディズニー、テーマパークのオフピーク料金を検討

価格変動すると、物凄い閑散や物凄い混雑がなくなりそうです。
日本の場合、同じ日に皆が休んで同じ様な所に皆で行く為すぐ混雑しますから、この様な手法で平準化されると良いですね。

日本の場合、チケット等、多くは固定価格で発行され、個人がヤフオクでオークションをしている様に思います。
転売ヤー(投機マネー)が増える原因の一つでもあると思います。

客単価的には高くなりそうなものですが、「金持ち優位だ!」とか言われるのが嫌で、企業側がやらないのでしょうか。
あるいは動員数が下がる懸念もありますから、はじめから追加発行する手法の方が都合がいいのかもしれません。
人気のバロメーターが何なのかという、認識の違いもあるのかもしれません。

また、意外にオークションにするメリットがない場合もあるらしく、さじ加減は、これはこれで難しい様です
HISの運営する"変なホテル"では、当初、宿泊料金をオークション制にしていましたが、料金が即決価格に張り付いてしまったらしく、現在では固定価格制になった様です。

SankeiBiz:満室状態…ハウステンボスの「変なホテル」 価格革命起こせるか
理経済:変なホテル - 職種の変化

確かに、ホテルが決まらないと旅行し難いですからね。
連泊にしないという方法もありますが、何度も移動するのも変な話ですし。

何でもかんでもオークションにすればいいという問題でもないですが、良い塩梅で取り込めたら、資金の効率化ができると思うのですが、どうでしょうか。

|

« 飛行機にスカイデッキが登場 | トップページ | 韓国が格上げ - Aa3→Aa2へ »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62906791

この記事へのトラックバック一覧です: サービスの変動価格制の広がり:

« 飛行機にスカイデッキが登場 | トップページ | 韓国が格上げ - Aa3→Aa2へ »