« 偉い人を気にするのは昔から | トップページ | ギリシャのデフォルトが心配② - 窓口機能の低下と立場悪化 »

科学の力で幸せに

自分が幸せだと感じる人はある種の共通点があるそうです。
これをうまく活かせば、瞑想トレーニングなどで、科学的に幸福度を上げられるそうな。

自分は幸せだと強く感じる人ほど、右脳の特定の場所の体積が大きいことを京都大学医学研究科の佐藤弥准教授の研究チームが突き止めて、英国科学誌「サイエンティフィック・リポート」の2015年11月20日号に発表した。…(中略)…過去に瞑想トレーニングで楔前部が大きくなるという研究も報告されています。科学的なデータで幸福増進プログラムを作ることができるでしょう
>>「幸せな人」は脳のココが違う 京都大が世界初の発見

特定の場所とは「楔前部(けつぜんぶ)」と言うそうで、頭の後ろの方にあるそうです。
直観などを司っているそうです。

楔前部

朝日新聞:プロ棋士の直観は努力のたまもの 理研、米誌に発表

この理屈だと、将棋をやり続けると幸せになれる事になるのですが、そういうことなのでしょうか?
囲碁やスポーツとかも直観を使いそうなものも多いのですが、今一つ、楔前部と幸福度の関係は判然としている様にも思います。

とりあえず、直観を使いそうなことはしておいた方が、幸せになれるのかもしれません。

|

« 偉い人を気にするのは昔から | トップページ | ギリシャのデフォルトが心配② - 窓口機能の低下と立場悪化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62877344

この記事へのトラックバック一覧です: 科学の力で幸せに:

« 偉い人を気にするのは昔から | トップページ | ギリシャのデフォルトが心配② - 窓口機能の低下と立場悪化 »