« 愛知県ドライブの旅 - 2日目 オープンカーでリトルワールドへ | トップページ | ブログが7周年を迎えました »

触媒の高耐久化に成功

また九州大学燃料電池の改良技術を開発したそうです。
毎週の様に新しい技術が生まれるあたり、日進月歩という言葉が良くあいます

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所I2CNERの研究グループは、低温加湿下で発電する固体高分子形燃料電池(PEFC:Polymer Electrolyte Fuel Cell)の電極触媒の作製法を工夫することで、耐久性の飛躍的な向上に成功したと発表した。…(中略)…市販の触媒を用いた場合では起電力が5000サイクル程度で半減するのに対し、開発した電極では120倍となる60万サイクル後でもほとんど起電力の減少が見られなかったという。
>>燃料電池の耐久性を120倍に、実用化が近づく触媒技術

PEFCの触媒 PEFCの触媒2

九州大学:固体高分子燃料電池の飛躍的な超高耐久性実現-「不死身化」に向けて-
理経済:九州大学が白金の代替触媒を開発

触媒はFCVの高コストの原因な様で、コスト低減の為の技術開発が進んでいます。
120倍もの耐久度があるのでしたら、車自体の寿命にも繋がり、FCVの低コスト化だけでなく、中古車市場の活性化にも貢献しそうです。

中古車市場の活性化、すなわち流動性の向上は、新車の実質的価値も高まりますから、市場全体にも好影響でしょう。
エネファームの様な自宅用発電機にも応用がききそうです。

FCVの次のモデルが出る頃には、もっとお手軽に、お安く購入出来る事に期待が高まりますな。

|

« 愛知県ドライブの旅 - 2日目 オープンカーでリトルワールドへ | トップページ | ブログが7周年を迎えました »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62761962

この記事へのトラックバック一覧です: 触媒の高耐久化に成功:

« 愛知県ドライブの旅 - 2日目 オープンカーでリトルワールドへ | トップページ | ブログが7周年を迎えました »