« 死後の世界の絶景集 | トップページ | 触媒の高耐久化に成功 »

愛知県ドライブの旅 - 2日目 オープンカーでリトルワールドへ

愛知旅行2日目。
ミライを返してしまったので、新しい車を調達。
今まで乗った事がなかったので、少し高かったのですがオープンカーを借りてドライブです。

理経済:愛知県ドライブの旅 - 1日目前半 ミライでドライブ
理経済:愛知県ドライブの旅 - 1日目後半 瀬戸グランドキャニオン

借りてすぐ思ったのが、ミライとの違い。
100%ガソリンな上に、オープンなのでエンジン音がモロに聞こえます。
正直うるさいですし、振動がすごく、FCVとの差を感じます。

何はともあれ、1日目に行けなかった、豊田市のトヨタ博物館へ。
戻るのなら豊田市に泊まれば良かったのではとか思いつつ、とりあえず向かいます。
途中渋滞に阻まれましたが、何とか到着。
こちらの博物館ではその名のとおりトヨタ車を中心に色々な国や年代の自動車が展示されています

Img_3626

こちら↑は展示品のキャデラック
実物は初めて見ましたが、大きい車ですね。
車庫入れが大変そうですが、人口密度の低いアメリカでは大丈夫なのでしょうか。

Img_3627

こちら↑は警察車両。
知りませんでしたが、何気にクラウンだそうです。
高級車なわけですが、安全対策なのでしょうか。

Img_3630

こちら↑は言わずと知れたデロリアンです。
未改造のものを見たのは初めてです。
トヨタはバック・トゥ・ザ・フューチャーの中で度々出てきますから、その関係で譲ってもらったのでしょう。
ガルウィングドアで隣の車にぶつかってしまうのではと考えてしまう私は、貧乏性なのかもしれません。

博物館が見終わったので、また北上し、今度は犬山市の野外民族博物館リトルワールドへ。
こちらは世界の色々な家が見られます。
(右の写真↓はインドネシアの貴族の家)

Img_3631 Img_3638

また各国の料理やお酒が味わえたり、民族衣装をレンタル(着付けもしてくれます)出来ます
トルコの服↓とか、アラビアンナイトみたいでいい感じですね。
ちなみに犬山市にあるためか、犬の同伴が可能です。

トルコの民族衣装

リトルワールド:トルコの民族衣装

こちら↓はブラジルのチーズパステル
マックのベーコンポテトパイのチーズ入りみたいな味です。
結構おいしいのでおかわりしようと思ったのですが、取り合えず他もあるので保留。

Img_3632

こちら↓はチリのコーナーにあったピラルクの唐揚げ。
白身魚で淡白かと思いきや、唐揚げにしている所為か油がギットリ。
ファミチキ並みに油が溢れてきます。

Img_3637

塩味が濃く、一口食べたときは美味しいかもと思いましたが一口目だけでした。
弾力はかなりある為、なんと言うか脂身だけ食べている感じです。
ぶっちゃけまずいです
一口でギブアップしようとも思いましたが、勿体無いので全部食べましたが、かなりゲッソリしました。

こちら↓はイタリアコーナー。
熟成肉のBBQであるスピアディーニは、脂肪分の少ないお肉をよく焼きしており、しっかりとした肉の味わいがありました。
うまうま。

Img_3642

メニューを見るとワインを推しています。
フランスコーナーもそうですが、欧州勢はかなりの地ワインを持ち込んでいたみたいです。
お酒好きの人は、運転手を連れて利きワインしに来るのも良さそうです。

こちらの施設は、観光ガイドにはチラッとしか載っていない上に山の中で交通が不便なのですが、口コミで広まっていたらしく、大繁盛でした。
性質上外国人のスタッフも多く、また言語に苦労しなそうな為か外国人観光客も結構来ていました。
ここは当たりですな。

食べるものも食べて世界の文化を堪能したので、今度は日本の文化に触れます。
同じ犬山市にある桃太郎神社へ。
ここも珍スポットの一つで、一部の話題になっている場所です。

Img_3649

NAVERまとめ:愛知県にある「桃太郎神社」の世界観が強烈すぎる

桃太郎と言えば岡山のイメージですが、自己申告で伝説発祥の地を名乗っているそうです
妙な世界観が漂っています。

鳥居の前は開けたオートキャンプ場になっており、親子が集まっていました。
こどもの日には桃太郎に扮した子供達が練歩くお祭りがあるらしく、子供の守り神的な神社の様です。
烏骨鶏がそこらを走っており、のどかな感じが好きです。

Img_3648

日も暮れて来たので名古屋に戻ります。

ところで、オープンカーのおかげで開放感のある中、山並みをチラ見しつつ走れたのですが、運転しているとあまり周りが見られないので、メリットがイマイチ感じられなませんでした
オープンカーは他の人に運転してもらわないと駄目ですね。
ジャンクションとか、眺めが良く気持ち良いのですが、如何せん脇見が難しいです。

名古屋に戻り、名物のひつまぶしを食べに蓬莱軒へ。
いつもは1時間待ちが普通なのだそうですが、時間が良かったのか、殆ど並ばずに入れました。
リトルワールドで散々食べたので、あまりお腹は空いていなかったのですが、折角なのでひつまぶしと鰻巻きを食べました。

Img_3652

うな重も美味しいのですが、ひつまぶしの茶漬けはお重とは違った美味しいさがあり、たまりません。
個人的には、うなぎの一番美味しい食べ方だと思います

お腹がパンパンになり、動きが鈍くなっていましたが、何とかホテルまでたどり着きます。
長風呂をしながらゆっくりしつつ、お腹が治まるのを待ち就寝。
2日目終了。
リトルワールドは思いのほかおもしろかったので、お勧めです。

続く…

理経済:愛知県ドライブの旅 - 3日目 フィットハイブリッドで徳山ダムへ

|

« 死後の世界の絶景集 | トップページ | 触媒の高耐久化に成功 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62755509

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県ドライブの旅 - 2日目 オープンカーでリトルワールドへ:

« 死後の世界の絶景集 | トップページ | 触媒の高耐久化に成功 »