« これができたらノーベル賞 | トップページ | 国債売りにゴルゴが立ち向かう »

ホンダのFCVが公開 - MIRAIとの比較

今まで詳細が開示されていなかったホンダFCVが、東京モーターショーに向けて、ついに公開されました。
当初とかなりデザインが違う様な…。

ホンダ独創の技術により、市販車として世界で初めて、セダンのボンネット内に燃料電池パワートレインを集約し、大人5人が快適に座れる、ゆとりあるフルキャビンパッケージを実現した。…(中略)…独創のHonda FC STACKの高出力と、リチウムイオンバッテリーのパワーアシストを、高出力モーターによって駆動輪に伝達。アクセルを踏み込んだ瞬間に、力強く加速。最高出力130kWのモーターはギアが変速せずにトルクを発生しつづけるため、発進から最高速度までなめらかに加速。…(中略)…また、燃費と走りを両立させた「Normalモード」と、加速とレスポンスを重視した「Sportモード」を設定している。
>>ホンダ、航続距離700kmを超える「新型FCV」を世界初公開

ホンダFCV2 ホンダFCVの内装

読売新聞:ホンダ、東京モーターショーに「新型FCV」「NSX」出展

元々のデザインは白くてイカす感じでしたが、これはなんか違う感がsweat02
色が違う、後輪が隠れている、ナンバープレートが付いている位の違いなのかもしれませんが、結構印象が違います。
角度の問題なんですかね。

理経済:ホンダがFCVを出すそうです

トヨタMIRAIと比べ、前面の口が小さく肺活量が少なそうなのですが、これで記載のスペックが出せるのであれば驚きです。
独自技術の賜物なのでしょう。

スペックを比較してみるとこんな↓感じ。
データは各社HPより引っ張ってきています。

FCVの比較

MIRAIと比べ、ホンダFCVはちょっとだけ大きく、特に横幅は6cm差となっています。
ホンダFCVは5人乗りとの事ですが、横が大きいのは車庫入れとかで違いが出そうです。
最高出力は130kW、電池もリチウムイオン電池なのでパワフル。
加速重視のSportモードもあるそうなので、走り屋的な人はホンダの方が良さそうです。

また、おそらくSportモードだと通常よりステアリングが重くなるでしょうから、高速道路はMIRAIより走りやすそうです。
デザイン的にはMIRAIの方が好きですが、性能的にホンダに軍配。

早速ホンダにお電話ですな。

|

« これができたらノーベル賞 | トップページ | 国債売りにゴルゴが立ち向かう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62397432

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダのFCVが公開 - MIRAIとの比較:

« これができたらノーベル賞 | トップページ | 国債売りにゴルゴが立ち向かう »