« 自撮りの恐怖 | トップページ | 群馬にお邪魔しました - おまけ »

東証の新システムが稼動

本日から東証新システムが稼動するそうです。
現在の処理速度を2倍に高めており、アローヘッドが導入された2010年のそれに比べ4倍の速度と、シャアザクもビックリの性能アップです。

東京証券取引所が24日、現物株の売買システム「アローヘッド」を5年ぶりに更新する。株式の超高速取引が台頭し、注文件数が急増しているためだ。1日あたりの処理能力を2倍に高め、注文を受け付ける時間も半分以下に縮める。
>>東証、注文処理スピード2倍へ 超高速取引の急増に対応

東証の注文件数の推移

さて、処理件数が多くなるのはいいのですが、東証、というか日本の金融規制当局は個人投資家に厳しいので、このシステムが完成したといっても恩恵はなさそうです。
国内機関投資家の売買代金シェアは細ってますから、メリットが大きいのは外国人投資家でしょう。

部門別売買代金のシェア

野村資本市場研究所:東証部門別売買代金シェアの推移 PDF
理経済:個人に厳しい日本市場

処理スピードを上げ、海外市場に追いつきたいのでしょうが、そこだけ上げてもあまり意味がないのですが、その辺りはどう考えているのでしょう?

日本市場がイマイチなのは、どちらかというと成長期待が乏しいからな訳で、インフラが重要となるステージではないはずなのですが、そこを何とかしないと進展はなさそうです。

|

« 自撮りの恐怖 | トップページ | 群馬にお邪魔しました - おまけ »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62341013

この記事へのトラックバック一覧です: 東証の新システムが稼動:

« 自撮りの恐怖 | トップページ | 群馬にお邪魔しました - おまけ »