« Apple社が燃料電池システムの特許を申請 | トップページ | NAZCAのCS1 - タッチパネルに塗るだけフッ素成膜 »

欧州車の攻勢① - 不可解なCM増

最近欧州車のCMをやたらと見ます。
VOLVOも回数が増えた様な気がしますし、ジャガーのCMも見ました。
統計が無いのでわからないのですが、前からこんなにやっていたでしょうか?

また、新車の発表会も活発な様で、今日も今日とて新型PHVの発表が行われています。

ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」と「BMW」がそれぞれ、家庭用電源で充電可能なプラグイン・ハイブリッドカーを発表しました。
>>VWとBMW、それぞれハイブリッド車発表 競争激化へ

VWのPHV

順当に考えると、この様な日本への攻勢は不自然です。
少し考えただけで下記の様なマイナス要因がザクザク出てきます。

  • 人口減少・経済低迷による需要減
  • 過疎化と都市への人口集中により電車などに交通手段がシフト
  • カーシェアなどの保有意欲の低減
  • 円安でも人件費が高めなので、日本での生産が困難。利益率も下がりやすい

経済や人口の地盤沈下は致命的で、自動車に限らずすべての購買力を押し下げています。
自動車会社の予想を見ると、日本市場については若干下落、世界的な購買車数のシェアは低下と見ている様です。

BMWの地域別販売台数予測

BMW GROUP:INVESTOR PRESENTATION 2015 PDF
自動車野郎の独り言:高級車ビジネス~中国市場で雌雄決す

BMWの予測によれば、日本は現時点と比べ2020年時点で1%減少との事です。
世界中が増えているのに日本だけ減少って…。

尤も、個人的には少し甘い予測な気もしています。
人口が1割減なのに車だけ1%減というのは甘めの予想に思えます
まあ2桁減にはならないとは思いますが、5%減程度はありそうです。
いずれにせよ明るい話ではありません。

また若者に支持をされたのか、カーシェアも絶賛普及中。
いつの間にはドイツやアメリカを超え、さらに伸びも加速している様です。

カーシェアの普及率

交通エコロジー・モビリティ財団:わが国のカーシェアリング車両台数と会員数の推移

ドイツではBMWがカーシェアを推していたはずなのですが、あまり普及していないんですね。
会員数も倍々とはいかないものの、急激な伸びを示しています。
時代は確実に所有から共有の時代に移っています

この様に、少し考えただけでデメリットがボロボロ出てきます。
マーケティングも北米にシフトしているみたいですし、日本で盛んにプロモーションをする理由が今一つわかりません。
なぜこれ程力を入れて宣伝するのでしょうか?

長くなったので続く…

理経済:欧州車の攻勢② - 買換え需要狙いか

|

« Apple社が燃料電池システムの特許を申請 | トップページ | NAZCAのCS1 - タッチパネルに塗るだけフッ素成膜 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62245086

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州車の攻勢① - 不可解なCM増:

« Apple社が燃料電池システムの特許を申請 | トップページ | NAZCAのCS1 - タッチパネルに塗るだけフッ素成膜 »