« VAIOがもらえるふるさと納税が人気らしい | トップページ | たまご不使用のマヨネーズ »

Windows10の情報収集機能

最近、持っているノートPCをWindows10に入れ替えてみました。
最初に初期設定をする部分があり、「おまかせ」が推奨されているのですが、個人的にはどういう設定をされるのか見るだけ見てみたいので、自分で設定しています。

驚いたのは、従来のエラー情報だけでなく、位置情報やキーボードの入力情報まで徴収される仕組みになっています
しかも、プライバシー設定によりOFFにしても情報を抜かれると言う始末。
個人情報を取られまくりです。

話には聞いていましたが、聞きしに勝る酷い覗き見仕様です。
Windows10は無償で公開されていますが、イヤハヤ、ただより高いものは無いと言う事を思い知らされます。

Windows 10のプライバシー設定には、広い範囲での設定が含まれる全般メニューや位置情報、カメラ、タイピング、カレンダーなど、多数のオプションがあり、ユーザーが自分で設定のオン/オフを切り替えることが可能です。しかしながら、Ars Technicaが実際に特定の機能をオフにしてトラフィックを調査したところ、機能をオフにしていてもユーザーの情報がMicrosoftに送信されていることがわかりました
>>Windows 10はプライバシー設定をオフにしてもMicrosoftのサーバにデータを送信していることが判明

Windows 10のプライバシー機能

ZDNet:「Windows 10」のプライバシーとデータ収集--変わった点、注意すべき点
理経済:最近学んだこと

これからはビッグデータや人工知能に組み込む為に、より多くの個人情報や思考パターンが必要になってくるわけですから、戦略としてはわかるのですが、あまり彼是情報をとられるのも薄気味悪いです。

私の場合は使用頻度が低いノートPCにだけ入れてはいますが、使い方には気をつけた方が良さそうです。

|

« VAIOがもらえるふるさと納税が人気らしい | トップページ | たまご不使用のマヨネーズ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62143621

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10の情報収集機能:

« VAIOがもらえるふるさと納税が人気らしい | トップページ | たまご不使用のマヨネーズ »