« 機械に仕事を奪われそうな職種 | トップページ | Windows10の情報収集機能 »

VAIOがもらえるふるさと納税が人気らしい

寄付額に応じて食料品や航空ポイントなどがもらえるふるさと納税ですが、ノートPC「VAIO」がもらえるコースが人気の様です。

応援する自治体に寄付できる「ふるさと納税」制度で、長野県安曇野市に寄付された金額が2015年4月から7月までの4か月間で、3億4000万円近くになった。これは前年度1年間の65倍以上という数字だ。…(中略)…15年6月から始めたVAIO社製のノートパソコン2種類の提供で、30万円寄付すれば19万円相当の「VAIO Z(オフィスなし)」、40万円寄付すれば25万円相当の「VAIO Z(オフィスあり)」がもらえる
>>安曇野市の「ふるさと納税額」爆発的に伸びる

安曇野市ふるさと納税額

人気が有りすぎて品薄なんだとか。

一見大盤振舞に見えますが、必要な最低寄付額は30万円です。
ふるさと納税の控除対象額は、ざっくり年収の2%なので、30万円の寄付をする為には1500万円位の年収が必要になります。
PC位自分で買えばいいのにと思うのですが、どうなのでしょう。

ちなみに私のお勧めの特産品は山形県山形市のカルパス類と、大阪府泉佐野市等が提携しているピーチエアのポイントです。

カルパスは1万円からもらえ、3000円分位の酒のつまみが貰えますし、ピーチエアは寄付額の50%分程度のポイントがもらえ、航空券の費用として使えるため、割のいい品物となっています。

ピーチエアのふるさと納税

ピーチエア:ふるさと納税で旅に出よう!
山形市:平成27年 山形市ふるさと納税かたろぐ PDF

それにしても、特産品の応酬合戦は過熱していますね。
元々一定だった住民税を、各自治体が特産品を付けてとりに行くわけですから、全体としては特産品の代金分だけ損失が発生します。
地元の企業にお金が落ちるので一概に良し悪しは判断できませんが、あまり持続性がある様には思えません。

理経済:ふるさと納税が株主優待状態

|

« 機械に仕事を奪われそうな職種 | トップページ | Windows10の情報収集機能 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62123182

この記事へのトラックバック一覧です: VAIOがもらえるふるさと納税が人気らしい:

« 機械に仕事を奪われそうな職種 | トップページ | Windows10の情報収集機能 »