« 次の景気後退はいつ? - ジム・ロジャーズの見立 | トップページ | 中国の元切り下げは利上げに影響せず »

ジュラシック・ワールドを見てきたが

世の中はお盆休みな感じの今日この頃、皆さんはどうお過ごしですか?
私は営業日なのでこの間も普通に出社でした。

とはいえ、客商売なのでお客が休んでいる時は開店休業状態でして、夜も定時が来たらさっさと帰ります。

いつもより早く帰れたので、隣りのビルにある映画館で気になっていた映画「ジュラシック・ワールド」を見てきました。
ここからは若干ネタバレもあるので、知りたくない方は見ない事をお勧めします。

さて、映画の流れや舞台についてはウィキペディアに詳しく掲載されています。
私は映画を見てからウィキを見たのですが、ネタバレOKの方は予習していった方がおもしろいでしょう。

「ジュラシック・パーク」の事件から22年後、インジェン社はマスラニ・グローバル社(マスラニ社)に買収され、島はサイモン・マスラニ社長の所有に渡る。マスラニ社は、故ジョン・ハモンドが夢見たテーマパークジュラシック・ワールドを実現させ、パークは今や世界中から毎日二万人の旅行者が訪れる人気の観光施設として成功していた。
>>ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールド

ジュラシックパークは以前とは異なり、安全に管理された大テーマパークとして成り立っており、準主人公の2人がパークに行く所から話は始まります。

パークでは遺伝子操作された恐竜「インドミナス・レックス」を新たに育てていましたが、これの管理に苦慮していました。
このインドミナスはとても賢く、色々あって逃げ出してしまい、他の恐竜達を襲い、また檻を破ってしまいます。

逃げ出した恐竜達は人々を襲い、主人公達は事態の収拾のために奔走するというお話です。
まあ、よくあるパニック映画です。
映画の中にはジュラシック・パーク1作目から見ている人には懐かしい場面もチラホラあり、前から見ている人はそういった部分でも楽しめます。

さて、ここからは個人的な感想ですが、1回見ればおなか一杯といった感じです。
正直イマイチで、映画館よりレンタルDVDをお勧めします。
今時の映画らしく、やたらと格闘が多く、全体的にご都合主義な感じが否めません。

ラプトルとT-REXが共闘してご都合主義なのは映画の常ですが、インドミナスと戦うのもイマイチ。
T-REXも最後の最後に登場するだけというのも、とって付けた感があります。

また、伏線が少ないのも残念です。
これを見るとスピルバーグの腕も落ちたなと感じます。
脚本家の問題なんですかね。

以前の映画だと、最初に弄くっていた道具が後でキーアイテムになったり、どうでも良さそうな話が別の所と繋がっていたりするのですが、最近の映画はそういうのがありません。
この為2回目以降の発見が少なく、1回で十分になってしまいます。
そういう作品は、私はあまりおもしろいと思えませんな。

なんとなく想像はしていたものの、多少期待していただけに残念です。

また余談ですが、私は日本語版が見たかったのですが、映画館の関係で英語版しか見れませんでした。
映画ネタのニュースによると、日本語版も酷かった様です。

映画などの声優に、著名な俳優や女優を使う傾向についてです。…(中略)…主人公の男性の声を担当したのが、日本の大手芸能事務所に所属する、イケメン俳優さんだったのです。…(中略)…はっきり言って、お世辞にも褒められたものではありませんでした。「声だけの」演技があまりにもできていないのです。いつものままの彼の声なのです。抑揚も、チェンジオブペースも、声の技術はいくつもあります。でも、私が聞く限り、一つも効果的に使えていませんでした
>>【長谷川豊】何故、プロの声優を使わないのだろう?

この映画自体、有名な俳優で固めた様です。
本家の俳優にしても、日本語版の声優にしても話題づくりがしたかったのでしょう。
なんだか、本編が良くないので他人の著名度という化粧で誤魔化している様な気がしてなりません。
イヤハヤ。

どうでもいい事ですが、1日2万人だと、一人1万円とすると年間売上高は730億円。
休みは多く来るとしても1000億円程度ですから、パークの運営費も考えると殆ど残らない気もするんですがどうなんでしょうね。
一人30万円位とってるんですかね。

|

« 次の景気後退はいつ? - ジム・ロジャーズの見立 | トップページ | 中国の元切り下げは利上げに影響せず »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/62097552

この記事へのトラックバック一覧です: ジュラシック・ワールドを見てきたが:

« 次の景気後退はいつ? - ジム・ロジャーズの見立 | トップページ | 中国の元切り下げは利上げに影響せず »