« アナリストの失業 | トップページ | 最近はまったテレビ - ワカコ酒 »

ボーイングが核融合エンジンの特許を取得

米国の国防企業であるボーイングが、核融合を活用したエンジンの特許を取得したそうです。
ボーイングはバリアを発明したりしていますが、えらく独創的な開発をしますな。

航空機のエンジン内部でレーザー核融合を起こし、それを推進力にして空を飛ぶ。米ボーイングのエンジニア3人によるそんな”ぶっ飛んだ”発明が、米国特許商標庁USPTOによって6月30日に特許と認められた。…(中略)…ペレットは一瞬で蒸発し、核融合反応が起こる。そして副生物の水素やヘリウムが、空洞内部のパラボラ状の隔壁に高速で衝突。いずれもエンジン後方にまっすぐ跳ね返されることから推進力が生まれる。…(中略)…これを熱源としてタービンで発電することで、レーザーのエネルギーに再利用する。
>>レーザー核融合エンジンで特許取得、米ボーイング

レーザー核融合エンジンの模式図

IT media:Boeing、「レーザー核融合ジェットエンジン」の特許を取る

かなり面白い仕組みですね。
光速近いスピードで飛び出してくる粒子から運動エネルギーを取り出す事で、推進力にするそうです。

無重力下で飛ぶロケットなら兎も角、地球の重力が大きく影響する飛行機にはパワーが足りなそうな気もするのですが、効率次第なんですかね。
核融合による発電→蓄電→プロペラを回すよりも、工程が少ない分、理論的にはエネルギー効率が良さそうなのですが、さて。

また、発生した熱エネルギーを活用して発電して効率を上げるそうですが、水とタービンを積まないといけないので、効率は下がりそうな気もしますがどうなんでしょうか。

個人的には、排気口から大量に出てくる荷電粒子を使った、オーロラ発電とかを利用すれば効率化に貢献できそうな気がします。
取り出しすぎると排気口付近に粒子が溜まりそうなので、その辺は注意ですな。

ちなみに、今回ボーイングはこのシステムで特許をとっているわけですが、アイデアとしては「核融合ロケット」の名称で、結構前からあった様です。

発想はとても興味深く、おもしろそうな技術なのですが、論文中に出てくるエンジンの数値を見る限り、パワー不足は課題と言えそうです。

冨田幸博:核融合ロケットの開発へ向けて PDF

|

« アナリストの失業 | トップページ | 最近はまったテレビ - ワカコ酒 »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61888470

この記事へのトラックバック一覧です: ボーイングが核融合エンジンの特許を取得:

« アナリストの失業 | トップページ | 最近はまったテレビ - ワカコ酒 »