« 政府の強気はろくでもない | トップページ | アナリストの失業 »

中国株に資金が流入

先週、中国株が乱高下した為か、外貨が流入していた様です。

8日までの1週間で世界中の中国株ファンドに過去最大となる130億ドルの資金が流れていたことが、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの調査で明らかとなった。A株の上場投資信託ETFに資金が集中したという。
>>中国株ファンドに過去最大の資金流入、8日週に130億ドル=調査

好機と見ての投資なのでしょう。

中国A株は個人投資家が多く、信用取引を通じた投機資金が、市場の変動を後押ししているのだとか。
多少なれど息の長い機関投資家の資金が流入するのは、安定化に寄与しそうです。

なお、中国本土株はQFIIにより外資が制限されているのですが、ETF等を経由すれば大丈夫な様です。

大和投資信託:QFII (Qualified Foreign Institutional Investors、適格国外機関投資家)

日本でも中国株ETFはあるので、興味のある方はいかがでしょう。

|

« 政府の強気はろくでもない | トップページ | アナリストの失業 »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61879969

この記事へのトラックバック一覧です: 中国株に資金が流入:

« 政府の強気はろくでもない | トップページ | アナリストの失業 »