« 通貨危機を超えるビットコイン | トップページ | 新潟ぶらり旅 - 1日目 »

自動車もハッキングされる時代に

自社の自動車が遠隔操作される恐れがあるとして、クライスラーが更新プログラムを配信するそうです。

自動車大手クライスラーの4輪駆動車「ジープ・チェロキー」がインターネット経由で遠隔操作される恐れがあることが分かり、同社はこの問題を修正するためソフトウエアの更新プログラムを緊急リリースした。…(中略)…「スマートフォンやタブレットと同様に、車のソフトウエアもセキュリティー対策を強化するため更新が必要なこともある」と同社は説明している。
>>クライスラー車に遠隔操作の恐れ、更新プログラム配信

クライスラー

自動車は、今やスマホを凌ぐ電子機器です。
スマホで起こる事は自動車でも起こりうるのですね。
調べてみると、既に近距離でのハッキングは成功している様です。

ITmedia:ブレーキもハンドルも利かない――自動車ハッキングを実証
理経済:なぜトヨタは燃料電池車の特許を開放したのか② - OSの重要性

PCのウィルス対策は随分進んでいますが、相変わらずハッキング等に対する無知による被害が頻発していますし、スマホのウィルス対策はそれ程進んでいる感じがありません。
そこに来て自動車のウィルス対策なんて、皆、まず頭に無いでしょう。

車に乗っていながらまったく見ず知らずの他人に運転を支配されるなんて、恐怖以外の何者でもありません。
しかも相手はハッキングしてくる程の犯罪者か愉快犯ですから、のっとられた場合、鞭打ち位は覚悟せねばならないでしょう。

VIPの車がのっとられたら、人質にされてしまうかもしれませんし、windowsのワームウィルスの様な凶悪なウィルスにより、すべての車が動かなくなってしまうかもしれません。
経済テロも有得ますな。
海外の政府が対策を急ぐわけです。

現在は近距離でしか出来ないようですが、今後は自動車自体がWi-Fi経由でネットに繋がるので、遠距離からの進入も容易になるでしょう
将来的にはワクチンプログラムも完成し、販売する会社も出てくるでしょうが、しばらくは自動車会社の更新プログラムに頼るしかありません。
更新頻度は高くなさそうですが、大丈夫なのでしょうか。

自動運転車の進化は止めようがありません。
ハッカー(やグーグルなど)から逃れる事は、どんどん出来なくなっている様です。

|

« 通貨危機を超えるビットコイン | トップページ | 新潟ぶらり旅 - 1日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61944662

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車もハッキングされる時代に:

« 通貨危機を超えるビットコイン | トップページ | 新潟ぶらり旅 - 1日目 »