« ドローンを買おうか迷う | トップページ | 通貨危機を超えるビットコイン »

変なホテル - 職種の変化

長崎のハウステンボスに、「変なホテル」という名前のホテルが完成したそうです。
ホームページとか見てみると、確かに変わったシステムを導入しています。

“ロボットが接客するホテル”として話題となっているハウステンボス(長崎県佐世保市)の「変なホテル」が2015年7月17日、ついに開業する。 …(中略)人が行っていた業務の7割程度を自動化して人件費を約3分の1に削減するとともに、最新の建築技術などを活用して光熱費も4~5割程度削減し、世界最高の生産性を追求した
>>「変なホテル」大解剖! 接客ロボットよりすごいものがいっぱい!?

変なホテル

変なホテル

ロボットは初期費用が高くつく反面、メンテはいるものの、24時間365日休まず働いてくれます
また文句を言わず突然やめる事もなく、人権もありませんから多少の無茶はききますし、ツイッターで変な写真をアップする事もありません。
極めて厳格に教える必要がありますが、一度教えるとその通りにやってくれます。

この為、トータルで見ると人間を雇うより安くなる場合があります。
以前、空港の清掃でも似た様な議論がありましたが、結果ロボットに軍配が上がった事がありましたが、今回はさらにそれを拡大した実験も兼ねているのでしょう。
ついでにHISも、サービスの垂直統合を図り、ディズニーみたいなホテルありテーマパークありの業態にしたいのでしょうな。

羽田空港ターミナル:日本空港テクノが清掃ロボットを販売します PDF

ロボットの受付は一見すると画一的な事しか出来ない様な印象を受けますが、今後はそうでもないでしょう。
人工知能の進化は目覚しいですから、早晩空気が読める人工知能も生まれるでしょう。

理経済:アナリストの失業

一般的な対応や思考パターンはビッグデータと繋げる事で解決できます。
最早、一般的な人格や人間性は、人間の専売特許ではなくなっているのが現状です。
後々このホテルのロボット達も、そういった知能にアクセスする事で、人間がいなくても良いホテルマン(?)としての応対が出来るようになるでしょう。

そして、このモデルが成功すれば、他のホテルにも波及し、中程度の価格帯のホテルは順次オートメーション化を進めて行くでしょう。
接客業もコンピューターと無縁ではなくなってしまった様です。
今でも職場の隣りにロボットが座っているという事がある様ですが、今後はこれが加速しそうです。

なお、このホテルはロボットの事が強く打ち出されていますが、個人的に驚いたのは宿泊料金の体系です。
なんと入札方式で、客同士で宿泊権を争う事になります。

変なホテルの宿泊料金

変なホテル:入札(仮予約)申し込みフォーム

このシステムであれば、繁忙期には高く、閑散期には安くなります。
店側の勝手な料金設定と異なり、価格が市場の需要によって自動的に調整される事となる為、空室率が下がりつつ料金は最適化され、結果的に会社の利益を最大となる可能性があります。

中々興味深いシステムであり、今後に注目です。

|

« ドローンを買おうか迷う | トップページ | 通貨危機を超えるビットコイン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61932134

この記事へのトラックバック一覧です: 変なホテル - 職種の変化:

« ドローンを買おうか迷う | トップページ | 通貨危機を超えるビットコイン »