« 京都大学が水素生成触媒の開発に成功 | トップページ | 金融マンの投資事情① - 地場受けと地場出し »

中国本土でREITが上場するらしい

中国本土を投資対象とするREITが、中国本土で上場するそうです。
本土外での上場はありましたが、本土内では初めてだそうです。

中国本土市場で初めての不動産投資信託(REIT)深センに26日上場する。REITは深センを本拠地とする不動産開発大手の万科企業が、鵬華基金管理ペンガ・ファンド・マネジメントと共同で立ち上げた。鵬華基金管理の24日発表によると、26日の上場に向けて当局から承認を取り付けた
>>中国本土初のREIT、26日に深セン上場へ

本土の株価が鰻上りとなっているのはご存知の通りで、株で儲けた人達は少しでも割安と思える投資対象を探しているはずですから、こういったREITが上場たら人気が出そうです。

そしてそこでの資金調達力を通じて、REIT大量上場→実際の不動産価格を押し上げとなりそうです。
下がりだした時は大変そうですな。

なお、香港では既に本土を投資対象とするREITがあるそうで、調べてみるとまとめたレポートが出てきます。
レポートによるとこんな↓感じ。
特に「The Link REIT」が大きい様です。

香港REIT一覧

香港REIT時価総額と銘柄数の推移

三井住友トラスト基礎研究所:香港REITの明日を考える PDF

The Link REITは香港市場で上場しており、日本にある証券会社からも投資できるみたいなので、興味のある人は見てみるといいかもしれませんね。

エイト証券:リンク・リート 領匯房産基金(00823)
サーチナファイナンス:The Link REIT 00823

|

« 京都大学が水素生成触媒の開発に成功 | トップページ | 金融マンの投資事情① - 地場受けと地場出し »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61790400

この記事へのトラックバック一覧です: 中国本土でREITが上場するらしい:

« 京都大学が水素生成触媒の開発に成功 | トップページ | 金融マンの投資事情① - 地場受けと地場出し »