« 日本の美しい風景 | トップページ | 正義のハッカーの育成 »

劣後債を活用する① - コーラブル債と劣後債

天下の三菱商事が巨額の社債を発行するそうです。
しかも普通の社債ではなく劣後債、さらにコーラブル条項までついた、てんこ盛り社債となっています。

三菱商事は8日、6月にも償還期間が60年のハイブリッド社債を発行すると発表した。格付け会社から調達額の50%について資本として認められる見通しで、財務の健全性を保ちながら投資にあてる資金を調達する。
同期間の借り入れも実施し全体で3000億円を調達する計画で、うち社債は1000億円以上とする。社債には5年後に返済する権利が付く。利率は14年に発行した18年債(1.518%)と同程度となる見込み。
>>三菱商事、ハイブリッド債発行 期間60年

三菱商事:ハイブリッド社債(劣後特約付社債)の発行に関するお知らせ
EDINET:E02529:三菱商事株式会社 S1004MPJ:訂正発行登録書

期間は驚きの60年。
40年とかは見た事がありますが、60年とは凄まじいですな。
その割にはあまり利回りが高くない(詳細後述)と言う残念仕様です。
海外だと100年債とかあるんですけどね。

また、一般投資家向けとは言うものの、余程の金持ちか財団法人などの法人系一般投資家を指しているのでしょう。
普通の個人投資家が買える様にするとは、銘柄的にちょっと考え難いですな。
まあ、最近はANAや電力会社も個人向け社債を出しているので、一概には言えませんが。

さて、本シリーズはこの社債を例にとって、うまい事ハイブリッド債を活用する方法について考えていきます。
三菱商事の目的としては、記事や他の人が言う様に、株式を発行せずにうまい事経営指標を改善し、格付けを維持する為のものでしょうが、それだけだと少しつまらないので、もっと面白い使い方について考えてみました。

NEWS PICKS:三菱商、ROE改善に繰り出した秘策

使い方を考える前に、まず劣後債及びコーラブル債とは何かについて見てみましょう。

まずは劣後債から。
劣後債を用語解説等で調べると、「一般無担保社債と比べて、元本および利息の支払い順位の低い社債」となります。

野村證券 証券用語解説集:劣後債

名前のとおり、返済が"劣後"する社債の事で、事由にもよりますが、その会社が破綻したりした際に、まず普通社債が返済され、残ったお金で劣後債が返済されます
リスクが高い分利回りも高い事が特徴で、ソフトバンクが好んで使う債券です。
個人投資家向けにも発行されています。

劣後債

楽天証券:初めての劣後債投資

弁済順位が低いという事は、極論すると「返さなくても良いお金」となるため、あたかも株を発行したかの様に、会社が自由に使えるお金が増える為、格付けや財務状況にマイナス影響を与えにくい事になります。

劣後債についてはこれ位です。
色々種類がありますが、大枠で言うと、名前のとおり返済が普通よりされにくい債券で、それ程複雑に考えなくとも大丈夫です。

少々聞きなれないのは次のコーラブル債でしょう。
コーラブル債とは、借りている人(発行体)が、契約条件の元、好きなタイミングで繰上返済できる社債です。
詳細な説明としてはこんな感じ。

コーラブル債は、「期限前償還条項付債券」とも呼ばれ、債券の発行体が予め決められた特定日(償還可能日)に、債券を投資家から買い戻すことにより繰上償還できる権利が付いた仕組債のことをいう。これは、債券の発行体が償還可能日に繰上償還する権利を有している代わりに、同期間の債券よりも利率(クーポン)が高くなっているのが特徴である。
>>コーラブル債

市場金利はいつどの様に変化するかわかりません。
金利が低くなった時に借換ができる様に、予めそういう条項をつけておく訳です。
投資家から見ると、高い金利が突然償還されると言う不確定な要素(リスク)が増える事から、金利は少し高めに設定されます

個人と異なり、企業は勝手な繰上返済はできませんから、低金利になったからと言って返済する事は中々できません。
銀行からお金を借りて、発行済社債を買うと言う方法もありますが、相対取引となる為、相手の言い値で買わねばならない可能性もあり、思ったよりもコスト負担が減らない場合があります。
なのでそういう条項を盛り込む場合があるというわけです。

イメージとしては、銀行などで住宅ローンの貸手がこれに相当します
個人の住宅ローンは借換も繰上返済も自由です。
銀行からすれば、いつお金が返済されるかわかりません。

例えば、せっかく金利3%・35年ローンで貸せ、35年間3%分収入が見込めると思っていても、金利が下がり、1%の住宅ローン(借換用)が出てくれば、借りている人達はそちらに乗換えてしまい、銀行は当初思っていた収入が入らない事になります。
これの企業版(の社債)がコーラブル債という訳です。

さらに詳細な説明と金利感応度については、こちら↓のサイトに説明されていますので、興味のある方はどうぞ。
そっち方面のテストだとたまに出る図です。

コーラブル債

1ランク上の生命保険と資産運用の話:コーラブル債が魅力的になるとき

ポイントは、契約に定められたタイミングの中で、発行体(この場合は三菱商事)が自由に返済できると言う点です。
今回の三菱商事のコーラブル劣後債は、5年後以降、利払いのタイミングで任意に繰上返済宣言が可能(訂正発行登録書「償還の方法」2.(1).イを参照)です。

60年債とは言っていますが、それはあくまで最長の場合の話で、実際はどこかのタイミングで繰上返済されると思われます。
金利が思ったよりも低め予想なのも、この辺りが原因でしょう。

では、これを使って何かできないか考えてみます。

続く…

理経済:劣後債を活用する①+0.5 - 三菱商事のハイブリッド債について
理経済:劣後債を活用する② - 遊休現預金を活用する

|

« 日本の美しい風景 | トップページ | 正義のハッカーの育成 »

アイディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61649815

この記事へのトラックバック一覧です: 劣後債を活用する① - コーラブル債と劣後債:

« 日本の美しい風景 | トップページ | 正義のハッカーの育成 »