« 渋滞を緩和する① - なぜ渋滞が起きるのか | トップページ | 弁護士の就職難が報道されているが・・・ »

古代ギリシャの蒸気機関

最近「ヘウレーカ」という漫画を読んでいました。

この本は、寄生獣という漫画を書いた岩明均さんの作品です。
寄生獣と言えば長年の沈黙(というかハリウッドの誤算)を経てアニメや映画になった作品です。
漫画が良かっただけにアニメ化は心配だったのですが、面白い作品に仕上げてくれて嬉しいです。

さて話を戻しますが、このヘウレーカは古代ギリシャの、アルキメデスが生きていた時代を舞台にしています。
年代で言うと紀元前215~212年頃ですかね。

主人公はシラクサに住むダミッポスと言う青年で、アルキメデスの弟子となるのですが、色々な経緯からローマとの戦争に巻き込まれていきます。
戦いでは、アルキメデスの作った兵器やダミッポスの考案した兵器で、ローマ軍を撃退して行くわけですが…。
短編で読みやすくお勧めなので、続きを知りたい方は是非読んでみて下さい。

その話の中でエウリュアロスの車輪という兵器が出てきます。
これは蒸気を使った投石器で、当時の投石器の能力を遥かに凌ぐ性能を持っており、敵をなぎ倒していきます。

さて、これを読んだ当時、私は2200年も前に蒸気機関があるはずもなく、あくまで漫画上の演出だと思っていました。
しかし、なんと古代ギリシャには蒸気機関は設計レベルで実在していたみたいです。
当時のレベルではあまり役に立たなかった様ですが、凄まじい科学力ですね。

wikipedia:Steam cannon

また、アルキメデスから200年程後には、へロンがちゃんとした蒸気機関を発明していた様です。
ヘロンと言えば数学の公式が有名ですが、こっちの業績をもっとクローズアップするべきではないでしょうか。

ヘロンの蒸気機関

wikipedia:アレクサンドリアのヘロン

2000年も前からこんな高度な科学力があったんですね。
この技術が失われたおかげで、次の蒸気機関ができるまで1700年もかかった訳ですから、この技術喪失が如何に人類の進歩を遅らせたかがわかります
すごいですなー。

ヘウレーカ (ジェッツコミックス)
ヘウレーカ (ジェッツコミックス) 岩明 均

白泉社  2002-12-19
売り上げランキング : 8854


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 渋滞を緩和する① - なぜ渋滞が起きるのか | トップページ | 弁護士の就職難が報道されているが・・・ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61654449

この記事へのトラックバック一覧です: 古代ギリシャの蒸気機関:

« 渋滞を緩和する① - なぜ渋滞が起きるのか | トップページ | 弁護士の就職難が報道されているが・・・ »