« 弁護士の就職難が報道されているが・・・ | トップページ | 中国の映画興行収入ランキング »

渋滞を緩和する② - 吸収車を走らせる

前回、渋滞発生メカニズムについて書きました。
自動車は車間距離が詰まると、それが揺らぎとなって渋滞を形成します。

理経済:渋滞を緩和する① - なぜ渋滞が起きるのか

ではどうやって解決すればいいのでしょうか?
一つの解答となるのが吸収車による渋滞緩和現象です。
わざと遅く走る車を走らせる事で、渋滞の発生を防ぎます。
この遅い車が吸収車となります。

吸収車

大阪大学大学院:EcoPacemaCar PDF

態々遅い車なんて走らせたら逆に車間距離が詰まって、渋滞が発生しそうなものですがあら不思議、なんとこの吸収車が渋滞の終点として機能し、長い渋滞ができ難くなります。
結果、渋滞発生を放置するよりも早く目的地に着ける人が増え、社会全体として効率化するわけです。

しかし、話を聞いても、いま一つイメージできません。
これについて、渋滞学の西成活裕先生達が実証実験をしており、確かに渋滞が緩和されている事がわかります。

西成活裕:渋滞のサイエンス PDF

動画を見ると、吸収車がある事で最後尾の車が渋滞に巻き込まれず、スピードも落とす事なく進めます
吸収車の後ろ2台分位はイライラしますが、社会全体としてはプラスになるわけです。

西成さんとJAFが公道で実験していますが、こんな感じで吸収車を走らせると良さそうです。

個人だと結構きついものがありますが、NEXCO等の交通管理隊の黄色い自動車でやれば、他のドライバーの批判も少ないでしょう。
コスト的にはそれ程でもなさそうですし、社会全体の利益を得る為にやってみるのもありだと思います。

|

« 弁護士の就職難が報道されているが・・・ | トップページ | 中国の映画興行収入ランキング »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61680230

この記事へのトラックバック一覧です: 渋滞を緩和する② - 吸収車を走らせる:

« 弁護士の就職難が報道されているが・・・ | トップページ | 中国の映画興行収入ランキング »