« 人間を駄目にするデスクチェアを買ってしまった | トップページ | ローソンの動きが激しい模様 »

ジョン・ナッシュさんが死去

数学者で有名なジョン・ナッシュさんがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りします。

ジョン・ナッシュ(数学者)が23日、タクシー事故で死去した。享年86歳。英国BBC、米国ビジネスインサイダー等複数のメディアが伝えた。1928年生まれのジョン・ナッシュはプリンストン大学教授。ゲーム理論における非協力ゲームの解の一種である「ナッシュ均衡」などの業績で知られ、1994年にはノーベル経済学賞を受賞している

後半生は統合失調症に罹患し、長い闘病生活を送った。そんなジョン・ナッシュの生涯をモデルにした2001年のハリウッド映画「ビューティフル・マインド」は、アカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞した。
>>ナッシュ均衡で知られる数学者ジョン・ナッシュが死去:享年86歳

CNN:米数学者のジョン・ナッシュさんが交通事故死、半生映画化も

ビューティフル・マインド [Blu-ray]
ビューティフル・マインド [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン  2012-07-13
売り上げランキング : 81


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

記事にもある通り、闘病生活について映画化もされています。
若かりし頃は天才数学者として奨学金を獲得しつつ、奇怪な行動が度々描かれています。
大人になってからは統合失調病による幻覚で悩まされていたのですが、妻と共に乗り越えるというお話。

私的に映画で印象的だったシーンは、彼が「ナッシュ均衡」の構想をひらめくシーンです。
彼は卒論のテーマに悩んでいたのですが、ある時友人達に誘われて、合コン(?)パーティーに行きます。
自分達が女性を口説く上で最適となるのはどういう場合かと考え、「ナッシュ均衡」をひらめきます。

そして彼は「アダムスミスは間違っている!」と叫びながら会場を飛び出し、研究にのめり込んでいきます。
この辺りは映画上の演出らしいのですが、Eurekaと叫んでお風呂を飛び出したアルキメデスを模したんですかね。

広島大学 吹春俊隆:ゲームの理論 (1): ナッシュとフォン・ノイマン PDF
講義資料URL

この方のナッシュ均衡囚人のジレンマの説明と共に、ゲーム論の最初の方に出てきます。
元々数学チックな話なのですが、結論だけざっくり言いますと、各人が「自分に最適」と思える状態について研究した理論です。
詳しく知りたい方はこちら↓の資料がお勧めです。

秋山英三:ゲーム理論超入門 複数主体の意思決定の科学 PDF

ナッシュ均衡は頻繁に出てくる項目で、度々目にしており、妙な親近感が湧いていました。
今回の出来事はとても残念です。
ご冥福をお祈りします。

理経済:レオ・シラード
理経済:ノンバンクと囚人のジレンマ

|

« 人間を駄目にするデスクチェアを買ってしまった | トップページ | ローソンの動きが激しい模様 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61644697

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・ナッシュさんが死去:

« 人間を駄目にするデスクチェアを買ってしまった | トップページ | ローソンの動きが激しい模様 »