« ローソンの動きが激しい模様 | トップページ | 西アフリカで大規模鉄道プロジェクト »

水素燃料で飛ぶドローンが開発

水素電池で動くドローンが開発された様です。
従来のドローンと比べ10倍近い滞空時間を実現したとの事ですし、水素なので給油(充填)も早くなりそうです。

シンガポールのHorizon Unmanned Systems 社が、水素燃料電池を使い4時間連続で滞空できるというクアッドコプター Hycopter を発表しました。一般的な電動のマルチコプターUAVは満充電で数分単位から20〜30分程度しか飛べず、航続距離や用途に制限があるのに対して、Hycopter は最大で4時間、1kgのペイロードを積んでも2時間30分のあいだ滞空できるとうたいます
>>水素燃料電池で4時間飛べるドローン Hycopter、シンガポール企業が発表

Hycopter

これはまた夢が広がりますね。
水素は補給も楽ですしパワフルです。
バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てくる様な、空飛ぶ自動車が実現に近づきそうです。

現在でも空飛ぶ自動車は存在しており、エアロモービル社などが市販に向けて動いています。

理経済:空飛ぶ自動車が開発されたらしい

しかし垂直での離着陸ができない為、離陸は兎も角着陸で苦労すると思います。
法律云々もそうですが、おそらく実用性の段階でイマイチとなるでしょう。
周りが平たくてだだっ広い所なら良いのですが、現実的ではありません。

そんな空飛ぶ自動車ですが、このドローンの手法を使う事で実現しそうです。
FCVでは電力が大量に確保できますので、インホイールモーターの応用+6~8輪車(垂直上昇分4輪、推進分2~4輪)とする事で実現できるでしょう。

なお、模型レベルでは現時点でも成功しています。
また、随分前からskycarという車種が変形型のVTOL自動車を発明済み。
空飛ぶ自動車の材料は殆ど揃っています。

最初は1人乗りで、超軽量、室内も狭いものとなるでしょうが、実現は可能そう。
飛行可能距離は、エアロモービルで700kmだそうですから、VTOLの燃費の悪さを考えて300kmと言った所でしょうか。

東京駅から名古屋駅までの直線コースが270kmなので名古屋で給油ですかね。
富士山も通過しますし、高度で燃費も変わるでしょうからなんとも言い難いですが、高速道路を走って、渋滞になったら空を飛ぶとかですかね。

1人乗りだときついですが、2人乗りにできれば富裕層の送迎用ヘリコプターの代替品として、相当な高額でも売れそうです。
ヘリは1機1~4億円程度ですから、2人乗りなら4、5千万円位までならいけるかも。
日本ではヘリの需要なんてないでしょうが、海外では時間を買うと言う意味でヘリタクシーとかありますからね。

ダイヤモンド:ブラジル編——時間を買うブラジル富裕層  ヘリ急増で空まで渋滞に
NHKスペシャル FAN:沸騰都市 サンパウロ:富豪は空を飛ぶ

ブラジル以外にもインド中国など、人口が多く将来渋滞に悩まされそうで高所得者が多そうな国では特に売れそうです。
1機当りの値段が高い方が渋滞も起こり難いでしょうし。
まあ、既に渋滞している様ですが、空は道路と違って上下に逃げられるので、割と何とかなりそうです。

ちなみに水素社会が広がりますと、おそらく水素式のレシプロエンジンが台頭するでしょうから、この辺りとの競合はその後の課題でしょう。

山根公高:レシプロ方式水素内燃機関の技術現状と今後 PDF

|

« ローソンの動きが激しい模様 | トップページ | 西アフリカで大規模鉄道プロジェクト »

新商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61645660

この記事へのトラックバック一覧です: 水素燃料で飛ぶドローンが開発:

« ローソンの動きが激しい模様 | トップページ | 西アフリカで大規模鉄道プロジェクト »