« セグウェイの公道実験が拡大 | トップページ | インディペンデンス・デイ2がやるらしい »

ゲームの未来

ゲームと言うと、昔は子供の遊び道具でしたが、最近ではその子供達が大人になった事や、従来とは毛並みの違う、大人向けのゲームが出現した事で、必ずしも子供向けではなくなりました。

また、ゲームのプレイヤーは、往々にして最適解を見つける事に重点をおきます。
それを利用しエイズ分子構造を突き止めてもらうなど、別の方向での発展も見せています。

WIRED:難問のタンパク質構造をゲーマーが解析
NHKクローズアップ現代:ゲームが未来を救う!? ~広がるゲーミフィケーション~

そんなゲームですが、その未来はまだまだ可能性に満ちている様です。

ゲームをすること」と「現実」の間の境界線は曖昧になりつづけるだろう。VRゲームなどのデジタルゲームは現実の世界で利益を生むように設計されつつあるからだ。…(中略)…1回99セントを払ってパズルゲーム「キャンディークラッシュ」をするたびに、そのお金が自分の退職金口座に貯まっていくとしたらどうなるだろう。ゲームはもはや後ろめたい習慣ではなくなり、あなたは自分の好きなゲームをして貯蓄を増せる。
>>ゲームの未来:現実逃避しながら現実変える

ゲームの未来

仮想現実の技術が加わる事で、ゲームは旅行やスポーツなど、別ジャンルの娯楽とも結びつく事となりました
インターネットの普及も加わり、個々人の距離やその場所までの距離も、物理的にはともかく感覚的にはかなり縮まりました。

また、携帯の登場により、ゲームと言えば専用ゲーム機で遊ぶものという概念が覆されました。
米国での統計では、44%の人がスマホでゲームをやっているとか。
いつでもどこでも、(オンラインで)ゲームができる様になりました。
ゲームの幅は日に日に広がっています。

私はゲームに関してあまりアイデアが無いのですが、記事にある様に課金が自身の為になる様なゲームだと、また違った展開が期待できるかもしれませんね。

|

« セグウェイの公道実験が拡大 | トップページ | インディペンデンス・デイ2がやるらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61519929

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームの未来:

« セグウェイの公道実験が拡大 | トップページ | インディペンデンス・デイ2がやるらしい »