« 日本刀型の箸があるそうな | トップページ | 栃木珍スポットの旅 - 1、2日目 那須塩原 »

段差に強い車椅子を開発

芝浦工業大学が、段差に強い車椅子を開発したそうです。

芝浦工業大学が実施する授業「システム工学特別演習」、「産学・地域連携PBL※」において、学生のチームが埼玉県川口市の企業と共に、段差を乗り越えやすい機構を搭載した車いすを開発しました。…(中略)…尺取り虫の動きを参考にした、前輪、中輪、後輪の計6輪の機構。手元のレバーを前後に動かすことで容易に段差を乗り越えたり、溝から車輪を持ち上げることのできる設計としました。
>>芝浦工業大学、段差・脱輪に強い6輪の車いすを開発~学生のアイデアと企業の技術力で川口市の産業振興を~

段差に強い車椅子

構造としては比較的わかりやすく、前輪を可動式の四輪構造にし、段差に来た時に動かす事で乗り越える事ができるというものの様です。
よく、缶ジュースの配給係の人が、駅などで階段を登る機械(電動階段運搬車)を使っていますが、仕組み的にはあれと似ているんですかね。

ポイントはこの手の仕組みが段差に有効だと言う事です。
芝浦工大のものは手動で行っていますが、将来的には電動式になり、さらにコンピューターを積んで、自己判断と高速度での乗り越えも可能になるでしょう。

使われる分野も車椅子だけでなく、自動車やロボット(例えば廃炉ロボとか)にも応用できそうです。
i-ROADでも段差が問題になってましたし、そういった所でも役に立ちそうです。

|

« 日本刀型の箸があるそうな | トップページ | 栃木珍スポットの旅 - 1、2日目 那須塩原 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61465021

この記事へのトラックバック一覧です: 段差に強い車椅子を開発:

« 日本刀型の箸があるそうな | トップページ | 栃木珍スポットの旅 - 1、2日目 那須塩原 »