« 高齢者用の食事がバラエティ豊かに- 単音調理法の転用も | トップページ | 着る布団があるらしい »

トヨタのi-ROADに乗ってみた① - 内装と講習

先日、トヨタが開発した巷で話題の一人用電気自動車(分類は自動車だそうです)i-ROADに乗ってきました。

トヨタ自動車は10日、1人乗り超小型電気自動車(EV)「i-ROADアイロード」を複数のドライバーで共同利用するカーシェアリングの実証実験を東京都内で始めた。日産自動車も実証実験を進めており、超小型EVの実用化に向けた動きが広がっている。
>>【トヨタ自動車1人乗りEV「i-ROAD」の実証実験】

Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive

見た目と内装としてはこんな感じ。

Iroad1 Iroad2

駐車中は小まめに充電しています。
フル充電で30kmしか走行できないため、隙を見ては充電しないといけません。
内装としてはこんな感じ。

Iroad3

シフトレバーが無く、ドライブやニュートラルを選択する場合は奥のボタンを押します
個人的にいちいち前に乗り出さないといけないので、ちょっと使い難い…
また、パーキングが無いのも一つの特徴となっています。
サイドブレーキはプリウスと同じで足元、ウインカーは外車仕様なのか左のレバーで操作します。
キーレバーが右にあるから左につけたんですかね?

また荷物スペースが残念仕様。
座席が前に倒れないので荷物が入れ難い…。
大量の買い物や大き目の物を買いに行くには向きませんね。
傘も入れ難いし。

公道に出る前にまずは講習+実習。
座学としてペーパー+DVDで30分ほど勉強。
「わ」ナンバーかと思ったら「や」ナンバーでした。

講習の後、スタッフの車で日比谷公園へ移動。
トヨタの威光なのか、日比谷公園の地下駐車場の半分を借りられた様で、教官と共に1.5時間程練習します。
特徴的なのは走行です。

まっすぐや蛇行走行は普通のバイクとあまり変わらないようですが、舵を後輪で取るため、ハンドルを傾けるとすぐ曲がります
この為、速い速度でもほぼ直角に曲がれますし、その状態での急ブレーキも可能です。
後ろから見ると常にドリフト走行している様な感じです。

また曲がる際、バイクと異なりリーン(重心の移動)をマシンが勝手にやってくれます。
バイクに乗った事がないのでわかりませんが、結構バイクと違うんじゃないですかね。
慣れるまで時間がかかりました。

後輪で舵を取る為、駐車と幅寄せはかなり特徴的です。
バックの際に内輪差が少ない為、自動車の様な感覚でハンドルを切るとお尻がぶつかります。
幅寄せも同様で、普通にハンドルを切って出ようとするとぶつかります。

実習で色々なパターンを実践した後、まずはスタッフの自動車に引率されて公道へ出る事に。

続く…

理経済:トヨタのi-ROADに乗ってみた② - 公道編

|

« 高齢者用の食事がバラエティ豊かに- 単音調理法の転用も | トップページ | 着る布団があるらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいですね、アイロードは今一番乗りたい車です。

投稿: すー | 2015年4月13日 (月) 22時48分

すーさん
いつもコメントありがとうございます。

かなり運転に癖がありますが、
慣れると他の車やバイクと全然違い、面白いです。
乗ってみるといい話のネタになりますよ。

投稿: なる | 2015年4月13日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61431190

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタのi-ROADに乗ってみた① - 内装と講習:

« 高齢者用の食事がバラエティ豊かに- 単音調理法の転用も | トップページ | 着る布団があるらしい »