« なぜトヨタは燃料電池車の特許を開放したのか① - 3つの狙い | トップページ | 黄色信号で止まるべきか進むべきか »

フクロウカフェなるものがあるらしい

ロンドンでフクロウバーなるものがオープンするそうです。
フクロウを見ながらお酒が飲めるんだそうな。

英アプリ開発企業ロカピーと、自然保護団体バーン・フクロウ・センターは、3月にロンドンのソーホー地区で「フクロウ・バー」を開店すると発表した。店の名前は「アニー・ザ・オウル」で、3月19~25日の1週間限定だ。その名の通りアニーという名のフクロウなど、数羽のフクロウが客を迎える
>>ロンドンに「フクロウ・バー」が期間限定で登場

世の中には色んなサービスがあるんですね。
フクロウはタカなどと同じ猛禽類なので獰猛なのかなとも思ったのですが、案外そうでもないようで、死亡事故は無いとか。
最悪、怪我程度で済みそう。

個人的にシロフクロウ(ハリポタ等に出てくる白い梟)が好きなので、行ってみたいです。
まあ遠いので無理ですが。

…と思っていたのですが、調べてみるとバーではありませんが、フクロウカフェなるものが既に日本に存在しているみたいです。
しかも日本全国にあり結構たくさんあります。

NAVERまとめ:癒しの【ふくろうカフェ】まとめ

都心にも何件もあります。
いや~、本当に色んなサービスがありますな。
これは是非行ってみたいですね。

|

« なぜトヨタは燃料電池車の特許を開放したのか① - 3つの狙い | トップページ | 黄色信号で止まるべきか進むべきか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/61230759

この記事へのトラックバック一覧です: フクロウカフェなるものがあるらしい:

« なぜトヨタは燃料電池車の特許を開放したのか① - 3つの狙い | トップページ | 黄色信号で止まるべきか進むべきか »