« ソニーの戦略③ - 狙いは不動産投資による電器復興 | トップページ | ドバイに出張中 »

山の日もいいがマナーを守ろう

8月11日を「山の日」と定め、祝日にしようと盛り上がっているようですが、当の山登りは登山者の素行の悪さが目立っているようです。

登山マナーの悪化は、実は一般の登山客にもうかがえる。一瞬、目を覆いたくなる光景に出くわした。犬連れのハイカーが散歩のごとく歩いていた。チワワやトイプードルのような小型犬からシバイヌ、ダックスフントまで犬種はいろいろ。
>>トレイルランにペット連れやポイ捨て…高尾山で見かけた“とんでも実態”

法定休日を作らないと日本人は休めないのかなどの話は取り合えずおいておいて、実際山登りをすると、人が多いことに驚きます。
最近は高齢者が余暇を登山ですごしたりするようです。

しかし、そもそも論として登山自体が自然への介入行為であり、環境に良いなんて事はまずありません
「自然を大切に」なんてキャッチフレーズもよく聞きますが、極端な話をすれば、人間の活動を制限すれば自然は復興すると思います。

私も時々山登りをするのですが、ごみのポイ捨ては確かにあります。
登山のときは少しでも荷物を軽くしたいですし、ゴミ袋を持ってこなかった人とかはこっそり捨てているようです。

また、トイレも有料だったりするので、こっそり他でしたりとかもよくあります。
「富士山の山肌に流れる白い川」が汚物の集積であるのも有名な話です。

AllAbout:富士山肌の白い川、実はトイレの排泄物!?

マナーもそうですし、少し控えたほうがいいのかも。
入山料構想はもっと広まってもいいような気もします。

|

« ソニーの戦略③ - 狙いは不動産投資による電器復興 | トップページ | ドバイに出張中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/59544260

この記事へのトラックバック一覧です: 山の日もいいがマナーを守ろう:

« ソニーの戦略③ - 狙いは不動産投資による電器復興 | トップページ | ドバイに出張中 »