« 米国の日本化 - 大卒者が飽和 | トップページ | 配当金は本当に必要なのか?① »

日銀のPLは大丈夫なのだろうか

日銀が金利上昇した場合の損失を試算しています。

金融機関による国債を中心とした債券投資の影響で、金利が全年限にわたって1%上昇した場合、国際統一基準行で3.2兆円、国内基準行で3.4兆円、計6.6兆円の評価損が発生すると試算した。
>>金利1%上昇で国内行の債券損失6.6兆円=日銀

日銀としては、損をするから国債から他の資産に分散しろと言う意味なのでしょう。
前にも似たような統計がありましたが、地銀は特に厳しいみたい。

もっとも、満期保有目的で持っていれば数%の損失はPLには現れないでしょう。
時価評価しないといけない売買目的の国債は、全体の1/3位ですから、損失は試算額の1/3程度でしょう。

問題は日銀のPLです。
日銀はオペレーションの関係で頻繁に国債を売買します。
しかも大量に買い込むと言ってるわけですから、被害は拡大します。

勿論、通常の企業とは異なり、どちらかと言えば公的機関に近いです。
多少の損は許されますが、損が増えれば第3セクターみたいに成りかねません。
円を刷れば~という話もありますが、株券と同じで刷り過ぎれば価値がドンドン減価します。

さらに国債の価値≒円の価値ですから、円の減価は保有している国債の減価にもつながります。
損が損を呼ぶ悪循環。
変な事にならなければ良いんですけどね。

|

« 米国の日本化 - 大卒者が飽和 | トップページ | 配当金は本当に必要なのか?① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/57194266

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀のPLは大丈夫なのだろうか:

« 米国の日本化 - 大卒者が飽和 | トップページ | 配当金は本当に必要なのか?① »