« 米政府がS&Pを提訴 - 疑問の残る米政府の奇行 | トップページ | 期待は人を育てる - ピグマリオン効果 »

最近MTGに復帰してしまった

ずっと止めていたMTGマジック・ザ・ギャザリングに復帰してしまいました。
いやはや家計のキャッシュフローがやばいw

きっかけとなったのはニコニコ動画でMTG替歌王として君臨している「卑猥の化身」が、MTGに復帰したらしく新たな替歌が投稿され始めていた事です。

新しいカードが多すぎてネタが理解できなかったのですが、タグから色々な動画を漁っている内に、自分が初めてMTGに触った時のカードを使った動画が投稿されているのを発見。
久々にやりたくなってお店でブースタードラフトとかやってたらいつの間にか復帰してました。

ちなみに私が始めたのはプロフェシーが発売して少しした辺りで、ウルザブロックが落ちる落ちると騒がれていた時です。
その後レギオンまでやっていましたが、中々対戦相手が見つからなかった事から暫く離れていました。

あれから随分経ちましたが、環境もすっかり変わっているようですね。
知らない能力多すぎてドラフトは大変でした。
自分が取ったカードの能力を対戦相手に聞いてる位ですからね(笑)。
復帰組のあるあるネタの一つのようです。

【MTG】マジックザギャザリング復帰組のあるある話

プレインズウォーカーの使い方もやっとこさ理解できましたが、除去の仕方は相変わらずわかりません。
稲妻→プレイヤーで倒せるんですかね?

また、古いカードが使えるレガシーフォーマットだと、強いカードが安いので復帰しやすいです。
オンスロートブロックはガッツリやっていたので、現在値段が高騰しているフェッチランドの在庫が、杜氏のデッキからごっそり出てきたのも僥倖でした。

もともと黒系のハンデスコントロールが好きだったのですが、カメコロやロクソドンの様な露骨な黒対策が増えていた事や、全般的にコントロール系カードが弱体化していた事から、緑にシフト。

今は聖遺の騎士(とテラボア)+ゲドンのロックデッキがお気に入りです。
土地2枚で動くCharbelcherも作ってみたいです。

どこかでレガシーかカジュアルで対戦してくれる、集まりかお店は無いかな~。

ちなみに私のお勧めMTG動画はこんな感じです。

↑新たな替歌マスターの誕生ですね。

↑カジュアルデッキなのでギャラリーは面白い仕様。
トーナメントでは見ないカードを使っており、遊戯王バリにカード説明がないとわかりません。
しかしそれ故に次の1手が想像できない事が、非常に魅力的です。
登場キャラもコミカルで可愛く描かれています。

↑いつかやってみたいです。
ネタバレになってしまうので、ここから先は動画で。

|

« 米政府がS&Pを提訴 - 疑問の残る米政府の奇行 | トップページ | 期待は人を育てる - ピグマリオン効果 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/56746780

この記事へのトラックバック一覧です: 最近MTGに復帰してしまった:

« 米政府がS&Pを提訴 - 疑問の残る米政府の奇行 | トップページ | 期待は人を育てる - ピグマリオン効果 »