« アメリカ企業も内部留保を積み増し - 日本と同じ道 | トップページ | 6月の貿易収支も赤字みたい »

サラ金の上限金利を引き上げる模様

以前引き下げたサラ金の実質上限金利、所謂グレーゾーン金利ですが、また引き上げるようです。

民主党は消費者金融会社などの貸金業者による貸し付けの上限金利を15~20%に規制した改正貸金業法を見直す方針だ。上限金利の引き上げが課題となる。2010年6月の法律の完全施行以降、貸金業者から資金を借りられなくなった事業者や消費者が、違法な高金利を取る貸金業者「ヤミ金」を頼る例が増えつつあることに対応する。
>>民主、貸金上限金利の引き上げ検討

こうなる事は前々から予想されていましたが、政治家の人気取りと弁護士会の利益の為に法改訂がなされました

その後、元々多かった過払い請求は激増し、消費者金融は弁護士にしゃぶられる事となりました。
所謂「過払いバブル」の絶頂です。
巷には弁護士事務所の広告ポスターが溢れ、テレビCMを度々見ました。

ダイヤモンドオンライン:“ポスト過払いバブル”は何でもあり 顕在化する弁護士界の憂鬱な現実

結果、過払いをしていた人達にはお金が戻りましたが、散々ピンハネされ、トラブルになる事も屡
さらに消費者金融は態度を硬化させ、安易に貸さなくなりました。
儲かったのは弁護士だけと言うわけです。

借りていた人達も再度借りようとして驚いた事でしょう。
消費者金融は殆ど貸さなくなりました。
さらに金利も引き下げられたことで、余計に貸さなくなりました。
武富士など、大手消費者金融も潰れまくってますし、そりゃ貸しませんよ。
結局借りられなくなった人々は帝愛の様なヤミ金に流れるわけです。

ヤミ金融の利用者数

ダイヤモンドオンライン:最新データが示す金融庁の失政 法改正でヤミ金“再横行”の実態
理経済:米CIT問題と日本のノンバンク問題④ - 総量規制とサラ金難民

で、予想通りの展開になったわけですが、今度はまた引き上げると言いだしているわけです。
おいおい。
業界団体と消費者は、政府と弁護士を訴えた方がいいんじゃないですかね。

|

« アメリカ企業も内部留保を積み増し - 日本と同じ道 | トップページ | 6月の貿易収支も赤字みたい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/55122906

この記事へのトラックバック一覧です: サラ金の上限金利を引き上げる模様:

« アメリカ企業も内部留保を積み増し - 日本と同じ道 | トップページ | 6月の貿易収支も赤字みたい »