« 中国と韓国が日本国債を買うメリット② - 韓国の輸入戦略 | トップページ | グリーンニューディールの不思議 »

地球温暖化係数

温室効果ガスと言えば二酸化炭素が有名ですが、メタンや水蒸気も二酸化炭素の20倍くらい温暖化に寄与するのは有名な話です。
ちょっと色々あって調べていたのですが、温室効果はガスによって区々であり、二酸化炭素はその中でも下位の方の様です。

地球温暖化係数

JCCCA:1-2 温室効果ガスの特徴

ガスにはそれぞれ地球温暖化係数と呼ばれる数値が測られています。
二酸化炭素を1として、何倍ぐらい温暖化に寄与するかを示しているのですが、フロンガスとかだと2万倍とかになるんですね。

これらのガスは半導体のクリーニングスプレーとして使われているらしく、太陽光発電パネルの生産にも使われているようです。
ソーラーは差し引きでどれくらい温暖化防止に寄与するんですかね?

SJN Blog 再生可能エネルギー最新情報:中国太陽電池メーカー環境汚染問題、日本の再生可能エネルギー全量買取にも影響

最近では、この「クリーニングPFCガス」も工夫されており、係数も下がっているようですが、普及はまだまだのようです。

NEDO:温室効果が極めて低い、半導体製造用クリーニングガ ス「COF2」が誕生 PDF

備忘録として書いておきます。

|

« 中国と韓国が日本国債を買うメリット② - 韓国の輸入戦略 | トップページ | グリーンニューディールの不思議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/55089678

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化係数:

« 中国と韓国が日本国債を買うメリット② - 韓国の輸入戦略 | トップページ | グリーンニューディールの不思議 »