« 中国と韓国が日本国債を買うメリット① - 中国の環境発電戦略 | トップページ | ついに格付けが逆転orz - 日本国債が格下に »

私設取引所の売買代金が15兆円になったそうだが…

日本の私設取引所の売買代金が、昨年度合計で15兆円になったそうです。

こうした取引所での昨年度の売買代金は、前の年度の3倍に当たる15兆円に達したことが分かりました。 …(中略)…日本証券経済研究所の福田徹主任研究員は「私設の取引所での株式の売買は今後、一段と活発化し、東証などとの競争が激しくなるだろう。投資家のニーズに応えられなければ既存の取引所を選ばない投資家が増えるのではないか」と指摘しています。
>>“私設取引所”の売買 15兆円に

先月15兆円かと思ったら、昨年度合計で15兆円なんですね。
正直低すぎるんじゃ…。
東証とかだと、1日1兆円くらいの売買代金があるのですが、それと比べるとちょっと少ないですね。

東京証券取引所:株式市況

解説の人は尤もらしい事を言っていますが、そういう問題ではないように思います。
まあ、東証にはニューヨークなどライバルが多いので、競争が激しいのは確かなんですが。
記者の方々はどこまでその辺をわかってたんですかね。

|

« 中国と韓国が日本国債を買うメリット① - 中国の環境発電戦略 | トップページ | ついに格付けが逆転orz - 日本国債が格下に »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/54666719

この記事へのトラックバック一覧です: 私設取引所の売買代金が15兆円になったそうだが…:

« 中国と韓国が日本国債を買うメリット① - 中国の環境発電戦略 | トップページ | ついに格付けが逆転orz - 日本国債が格下に »