« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

青森放浪記 - 4日目 東通村訪問

青森旅行4日目。
フルに使えるのはこれで最後です。

理経済:青森放浪記 - 1日目 六ヶ所村にて
理経済:青森放浪記 - 2日目 津軽へGO
理経済:青森放浪記 - 3日目 青森市街散策

色々調べたら、東通村も行って帰ってこれる事がわかったので、朝から青い森鉄道へ。
下北に行くには野辺地経由で行くしかないんですね。

Img_0760

夜中に降った雪の為か、トイレが雪に埋もれています。

Img_0761

野辺地からさらにバスで1時間半。
むつ市にある下北バスターミナルへ到着。

Img_0762

バスの発車まで時間があったので、向いのスーパーで買い食い。
揚げたてコロッケを頂きました。
むつの駅にも行こうと思ったのですが、スーパーの人に止められたので断念。
地図で見るとそうでもないのですが、歩くと意外に遠いようです。

バスが来たので東通村へ。
村に入る辺りから原発ネタが多数。
恒例ですね。

Img_0765

バスで揺られる事40分。
東通村庁舎前に到着。
東通村庁舎前バス停には、東屋があり、自販機、水洗トイレ、暖房が完備されています

Img_0774

東通村の航空写真を見ると、この東屋の前に広大な土地が広がっていたのですが、写真だと良くわからず疑問だったのですが、どうやら巨大な公園のようです。
雪に埋まっていたのですが、広さはわかりました。

Img_0801

Img_0775

Img_0776

こちら↓は東通村庁舎。
変形しそう。

Img_0782

また、庁舎の周りには体育館と消防署がありました。
こちら↓が体育館。

Img_0777

こちら↓は消防署。

Img_0778

う~ん、公共事業のオンパレードですな。
庁舎の向いには、雪かき用と思われる、巨大な建機が並んでいました。
結構高いと思うのですが、奮発してますね。
人口7,000人である事を考えると、過剰な気が…。

こちら↓は職員用と思われる寮。
表札を見る限り、この施設全体で9人位が暮らしているようです。

Img_0781

うわさに聞いていた東通村の小学校。
でか。
しかも増設中のようです。
中はもっとすごいとか。

Img_0785

Img_0768

さらにウロウロしていると、向こう側に何やら大きな施設が見えます。
どうやら総合病院のようです。

Img_0790

Img_0794

ちなみに資金源は電源三法交付金のようです。

Img_0795_2

帰りは送迎バスまで出る、至れり尽くせりな病院のようです。

Img_0796

お昼時+バスの時間が近付いてきたので、東通村庁舎の食堂で昼食。
一般の人でも入れるようで、早い安いうまいのカツカレーを食べました。
サラダ付きで600円とはお得ですね。
味もいい感じ。

Img_0797

バスでむつに戻り、野辺地行きのバスが出発するまでむつ市内を観光。
バスターミナルのすぐ近くにむつ市の観光案内所のような所があります。
原子炉の模型を置くほど気合が入っています。

Img_0802

バスに乗りまた野辺地へ。
電車までまた時間があるので、野辺地周辺をウロウロ。
良く見ると駅前に簡易郵便局がありました。
簡易郵便局は初めて見たかも。
ATMはありませんが、職員の人に言うと、手動で出金してもらえます。

Img_0803

電車に乗る頃には日が暮れ始め、夕日の海が綺麗です。

Img_0807

青森市に戻りホテルへ。
途中にあった「ぎょうじゃの大西」で、一杯やりながら餃子を食べ食べ。
キムチ餃子とまるごとにんにく餃子がお勧めです。

Img_0810

Img_0811

それにしても「大西」という名前が結構ありますね。
地名か何かなのでしょうか。

体が温まった所でホテルに帰り就寝。
4日目終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森放浪記 - 3日目 青森市街散策

青森旅行3日目。
天気が不安定だったので、近場の青森市街を散策しました。

理経済:青森放浪記 - 1日目 六ヶ所村にて
理経済:青森放浪記 - 2日目 津軽へGO

近くのつり橋↓。
よく見ると巨大なつららが出来ています。

Img_0733

青森の諏訪神社↓。
ネコが参拝に来ていました。
信心深いですね。

Img_0736

神社の手水は氷が張っており、先に来た人に叩き割られていました。
冷たくて辛かったのですが、一応手を洗う。

Img_0741

さっきの橋へ向かう道↓。
普段より2m位底上げされているらしく、標識と同じ位の所を歩いています。
道幅は狭く(というか道ではありません)、平均台を歩いているようです。
転んでも怪我は無いのですが、雪が柔らかい為埋もれてしまいます。
靴や服が雪塗れのびしょ濡れになるので、けして転べません。

Img_0742

さっきの橋の上からの風景↓。

Img_0743

駅前の抹茶どら焼き屋の「ちゃちゃちゃ」↓。
中はお茶の匂いが充満しており、コーヒーハウスの緑茶版みたいな感じです。
店ではお茶どら焼き以外にも普通のお茶や、お茶パフェが食べられます。

Img_0748

Img_0747

さらにウロウロし、ゲーセンに行ったり図書館に行ったりした後、お昼ごはん。
昼食は「味の札幌 大西」で、「味噌カレー牛乳ラーメン」↓を食べました。
札幌ラーメン専門店の事ですが、札幌でこんなラーメンは見た記憶がないのですが…

Img_0753

Img_0751

色々詰め込んだこのラーメン、味はすごく良く、とてもまろやかです。
カレーの風味はあるものの、コクがあり、するする入ります。
また、もやしが汁を吸っており、これまたおいしかったです。
がつがつ食べて、速攻で完食。
いやー、うまかった。

Img_0752

腹ごなしにまたウロウロ。
青森のお土産ショップ「アスパム」にお邪魔しました。
中はお土産コーナーや、お菓子等を売っています。
青森だけあってリンゴ推しな顔ぶれでした。
りんご餃子はおなかが膨れていたので食べてません。

Img_0754

おやつにアップルパイを購入。
入口の所から甘い匂いが立ち込めていたので、ついつい購入。
うまうま。

Img_0755

展望台などでまったりし、またウロウロ。
日も暮れてきたのでホテルに帰り、レポートを書いて就寝。
3日目終了。

理経済:青森放浪記 - 4日目 東通村訪問

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森放浪記 - 2日目 津軽へGO

青森放浪記2日目。
の前に、感謝の言葉を。

当ブログを掲示板でご紹介して下さった方がおり、アクセス数が珍しく伸びています。
紹介してくださりありがとうございます。
放射能ネタでHNが冥王星とは、中々意味深な名前ですね。
また、以前書いたRBCネタをヤフー知恵袋に転載いただいたようで、halfsevenさんありがとうございます。

さて感謝の言葉はこの位にして、青森旅行2日目。
2日目は青森市街と津軽へ。
本当は青森市街のみの予定だったのですが、余りにも天気が良かったので、足をのばしてみました。

理経済:青森放浪記 - 1日目 六ヶ所村にて

まずは六ヶ所村から青森市へ。
後でわかったのですが、六ヶ所村から泊車庫経由で東通村に行くと、東通村の原発が見られたようです。
ミスった。

下北の海はとっても綺麗。

Img_0626

ところどころ設置されているこれ↓ってなんなんですかね。

Img_0687

野辺地駅に到着。
前日は吹雪いていたのでわからなかったのですが、白銀の世界だったようです。

Img_0629

線路でも雪下ろしをしています。
ところどころでこういう方々を見ました。

Img_0630

電車からの景色。
一面真っ白。

Img_0636

Img_0646

Img_0650

暫くして青森駅に到着。
ホテルは遠かったのですが、散歩がてら青森市内を観光しました。

青森県庁↓。

Img_0672

庁舎の前では除雪しています。
この手の機械は多分初めて見た。

Img_0673

青森の道は雪に埋もれてすごいことに。
歩道は雪の道状態です。
積雪2mは伊達じゃない。
県庁脇の公園は、雪の迷路になっていました。

Img_0675

日銀青森支店↓。

Img_0679

荷物を置いて再び青森駅へ。
その段階では市内観光予定だったのですが、1時間ほどバスに乗れば五所川原に行ける事がわかったので、さっそくバスに乗って五所川原へ。

暫くして五所川原に到着。
電車は4時間に一本なのですが、偶然にも良い時間帯に着きました。

Img_0689

発車まで多少時間があったので駅周りを探索。
よく見ると、五所川原駅は入口が2つあり、JR五所川原駅と津軽五所川原駅が同居しているようです。

Img_0694

Img_0693

ホームも繋がっており、電車に乗るつもりが外に出てしまいました。
電車が来たので、隣の木造駅へ。
こちら↓はストーブ列車。

Img_0696

こちら↓はJR。

Img_0697

電車に乗る事10分ほど。
木造駅に到着。

Img_0699

Img_0700

Img_0701

この駅は鉄ちゃんの間では有名です。
なぜかというとその外観が珍しいから。
外観はこんな↓感じ。

Img_0704

夜になるとライトアップされるようです。
電車まで時間があるので辺りを散策。
マンホール(?)まで土偶。

Img_0710

この辺りで、多分唯一のアパート↓。
結構ウロウロしたのですが、アパートは1件、飲食店は2件、スーパーは1件しか見当たりませんでした。
やはり人口密度は低いのでしょうか。

Img_0707

駅前の定食屋さん「神武食堂」で遅めの昼食。
土偶が先なのか、店名が先なのか悩む今日この頃。
冬季限定の肉鍋定食を注文しました。

Img_0711

Img_0712

この肉鍋定食味噌が効いててめちゃうまです。
醤油ベースのすき焼きより、味噌ベースの肉鍋の方がおいしいかも。
木造に行ったら、是非ご賞味あれ。

帰りは五所川原から電車でGO。
夕暮れ時の銀世界もまたいい感じ。

Img_0714

リンゴの木でしょうか↓。
木も埋まるほどの積雪です。

Img_0718

Img_0720

ホテルに帰り、軽く食事をし、市内の温泉施設へ。
一風呂浴びて温まったところで就寝。
2日目終了。

理経済:青森放浪記 - 3日目 青森市街散策
理経済:青森放浪記 - 4日目 東通村訪問

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森放浪記 - 1日目 六ヶ所村にて

皆様お久しぶりです。
やっとテストが終わり肩の荷が軽くなったなるです。
と言うわけで、溜りに溜まっていたブログを更新いたします。
一発目は旅行記です。
コメントを下さった皆様、申し訳ありませんが、もう少しお待ちください。

さて、先日青森に行ってきました。
以前ブログで青森の方からコメントを頂き興味を持ったので、思い立ったが何とやら、休みを使って行ってきました。
今回は旅行の1日目です。

夜中、東京駅から夜行バスに乗って出発。
新幹線は3時間くらいで青森まで行けますが、バスだと10時間くらいです。
夜行バスに乗り、着くのは朝8時との事。

バスは、奮発してお高めの席を取りましたが、それでも8000円と新幹線の半値です。
幸い時間もあったので、トロトロバスで行きました。
途中で寄ったSA↓。
安達太良SAは夕方に行くと面白そうでした。

Img_0561

Img_0562

バスに乗る事11時間、ようやくJR青森駅に到着。
途中止まったりもしていたので、遅れてしまいましたが、電車の本数が少ないのであまり関係無し。

Img_0566

六ヶ所村へはさらにここから電車とバスを乗り継ぎます。
青森駅名物青い森鉄道
雪が多いので電車も白ひげ。

Img_0565

Img_0671

電車に乗る事1時間半。
中継地点である野辺地駅に到着。
ここからバスで1時間行くと六ヶ所村ですが、1日3本しかバスが来ないので、1時間半待ち

Img_0568

余った時間で野辺地駅周辺をウロウロ。
雪の中の川が綺麗だったので、思わず激写。

Img_0572

野辺地の駅の中にはニューデイズがあり、そこで盛岡名物が売っていました。
冷たくても食べられる冷麺
こんにゃく麺でヘルシーなのですが、-10℃の環境で冷たい汁物はちょっときつい。
おいしいんですが、夏に食べたかった。

Img_0573

やっとバスが来たので六ヶ所村へ。
バスに乗る事1時間、六ヶ所村に入りました。
六ヶ所村は、最近風力発電に凝っているらしく、風車がたくさん建っていました

Img_0586

六ヶ所村のアパート↓。
位置的に原燃絡みの施設のようです。
都心にいるとわかりませんが、地方は平屋が普通なので、アパートは珍しいです。

Img_0606

暫くして、六ヶ所村の「ホテル市原クラブ」前に到着。
ホテルを取る時、一番感じが良かったので取りました。
電話で当たった人が悪かったのか、民宿系は(´~`)。
ちなみにこのホテルはすごく良かったです、おすすめ。
周りの風景はこんな感じ。

Img_0612

白鳥が毛繕いをしています。

Img_0610

荷物を置いて散歩へ。
歩道がない割に雪が迫っており、道が狭くなっていました。
それでいて車が時々来るのは、歩きはキツイかも。

こちら↓は六ヶ所村役場。
割と普通。
人口の割には大きい気もしますが。

Img_0613

近くにあった標識。
近くに「横浜」という地名があるようです。
ちなみに「千葉」も見ました。

なぜw。

Img_0614

原子力防災研究プラザ↓。
今回の震災では役に立たなかったようです。
六ヶ所村の場合はどうなのでしょう?
なお、六ヶ所村には石油備蓄基地もあるそうなので、あそこで事故ると石油供給にも影響が出るかもしれません。

Img_0616

六ヶ所村文化交流センター↓。
図書館や公民館、スーパーの複合施設のようです。
日立など、原子力絡みの企業が多いせいか、原発絡みの資料が充実。
見た事もない資料がたくさんあり、とても勉強になりました。
ビデオコーナーには「安心安全の原子力!」的なビデオが数本あり、思わず吹いてしまいました。

隣のスーパーでお買いもの。
よく見ると、スペースのど真ん中に、六ヶ所村のPR↓と、なぜか原子炉の模型がありました。
ちなみにこの施設から少し行ったところに、マンモス団地があります
六ヶ所村がなぜ潤っているのかわかった気がします。

Img_0620

人口11,000人、選挙登録者が9,200人ですから、20歳未満は単純に考えて2,000人、全体の2割というところでしょうか。
全国平均は18%なので、平均位ですね。
インターナショナルスクールって何?
ちなみに、翌朝スクールバスが慌ただしく走っていました。
学校遠いのかな。

冬の東北だからか、日の沈みが早く、すぐに暗くなってきたので、さっさと宿へ。
買ってきたお酒(度数が低いやつ)を窓の外に放置。
常温のお酒を買ったのですが、冷蔵庫が無いのでどうやって冷やそうか困りましたが、よく考えたら外の方が冷蔵庫より冷たいのでやてみました。
飲むころにはキンキンに。

夕食はホテルで出してくれました。
夕食はククレかボンかわかりませんが、凄い家庭的なカレー
うまうま。
インドカレーとかサラサラしたカレーはどこでも食べられるのですが、家庭的なのは意外に無いので、とってもおいしかったです。

お酒を飲みながらカルパスを食べて就寝。
1日目終了。

理経済:青森放浪記 - 2日目 津軽へGO
理経済:青森放浪記 - 3日目 青森市街散策
理経済:青森放浪記 - 4日目 東通村訪問

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

皆様お久しぶりです、なるです。
死んでないです、更新頻度が遅くてすみません。

最近部署異動で予算編成をさせられる羽目になりました。
目指せCFOなので願ったり叶ったりなのですが、業務量が激増し死にそう…。
しかも社のM&Aも担当させられるとは、有難いんだか有難くないんだか。

ビジネススクールと語学塾と三足の草鞋はやっぱり大変なので、集中と選択の観点から語学は一度切りましょうかね。
人生楽ありゃ苦もある訳ですから、この後の楽に期待します。

ブログの更新頻度は今しばらく下がったままです。
ごめんなさい。
そろそろ院がテスト期間なので、そうしたら書けそうです。
いただいたコメントについてはその時まとめて返しますので、どうかお待ちください。

リピータの皆様、いつも当ブログをご愛好頂き、誠にありがとうございます。
今後とも、当ブログ、理経済をよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »