« 青森放浪記 - 1日目 六ヶ所村にて | トップページ | 青森放浪記 - 3日目 青森市街散策 »

青森放浪記 - 2日目 津軽へGO

青森放浪記2日目。
の前に、感謝の言葉を。

当ブログを掲示板でご紹介して下さった方がおり、アクセス数が珍しく伸びています。
紹介してくださりありがとうございます。
放射能ネタでHNが冥王星とは、中々意味深な名前ですね。
また、以前書いたRBCネタをヤフー知恵袋に転載いただいたようで、halfsevenさんありがとうございます。

さて感謝の言葉はこの位にして、青森旅行2日目。
2日目は青森市街と津軽へ。
本当は青森市街のみの予定だったのですが、余りにも天気が良かったので、足をのばしてみました。

理経済:青森放浪記 - 1日目 六ヶ所村にて

まずは六ヶ所村から青森市へ。
後でわかったのですが、六ヶ所村から泊車庫経由で東通村に行くと、東通村の原発が見られたようです。
ミスった。

下北の海はとっても綺麗。

Img_0626

ところどころ設置されているこれ↓ってなんなんですかね。

Img_0687

野辺地駅に到着。
前日は吹雪いていたのでわからなかったのですが、白銀の世界だったようです。

Img_0629

線路でも雪下ろしをしています。
ところどころでこういう方々を見ました。

Img_0630

電車からの景色。
一面真っ白。

Img_0636

Img_0646

Img_0650

暫くして青森駅に到着。
ホテルは遠かったのですが、散歩がてら青森市内を観光しました。

青森県庁↓。

Img_0672

庁舎の前では除雪しています。
この手の機械は多分初めて見た。

Img_0673

青森の道は雪に埋もれてすごいことに。
歩道は雪の道状態です。
積雪2mは伊達じゃない。
県庁脇の公園は、雪の迷路になっていました。

Img_0675

日銀青森支店↓。

Img_0679

荷物を置いて再び青森駅へ。
その段階では市内観光予定だったのですが、1時間ほどバスに乗れば五所川原に行ける事がわかったので、さっそくバスに乗って五所川原へ。

暫くして五所川原に到着。
電車は4時間に一本なのですが、偶然にも良い時間帯に着きました。

Img_0689

発車まで多少時間があったので駅周りを探索。
よく見ると、五所川原駅は入口が2つあり、JR五所川原駅と津軽五所川原駅が同居しているようです。

Img_0694

Img_0693

ホームも繋がっており、電車に乗るつもりが外に出てしまいました。
電車が来たので、隣の木造駅へ。
こちら↓はストーブ列車。

Img_0696

こちら↓はJR。

Img_0697

電車に乗る事10分ほど。
木造駅に到着。

Img_0699

Img_0700

Img_0701

この駅は鉄ちゃんの間では有名です。
なぜかというとその外観が珍しいから。
外観はこんな↓感じ。

Img_0704

夜になるとライトアップされるようです。
電車まで時間があるので辺りを散策。
マンホール(?)まで土偶。

Img_0710

この辺りで、多分唯一のアパート↓。
結構ウロウロしたのですが、アパートは1件、飲食店は2件、スーパーは1件しか見当たりませんでした。
やはり人口密度は低いのでしょうか。

Img_0707

駅前の定食屋さん「神武食堂」で遅めの昼食。
土偶が先なのか、店名が先なのか悩む今日この頃。
冬季限定の肉鍋定食を注文しました。

Img_0711

Img_0712

この肉鍋定食味噌が効いててめちゃうまです。
醤油ベースのすき焼きより、味噌ベースの肉鍋の方がおいしいかも。
木造に行ったら、是非ご賞味あれ。

帰りは五所川原から電車でGO。
夕暮れ時の銀世界もまたいい感じ。

Img_0714

リンゴの木でしょうか↓。
木も埋まるほどの積雪です。

Img_0718

Img_0720

ホテルに帰り、軽く食事をし、市内の温泉施設へ。
一風呂浴びて温まったところで就寝。
2日目終了。

理経済:青森放浪記 - 3日目 青森市街散策
理経済:青森放浪記 - 4日目 東通村訪問

|

« 青森放浪記 - 1日目 六ヶ所村にて | トップページ | 青森放浪記 - 3日目 青森市街散策 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/54327108

この記事へのトラックバック一覧です: 青森放浪記 - 2日目 津軽へGO:

« 青森放浪記 - 1日目 六ヶ所村にて | トップページ | 青森放浪記 - 3日目 青森市街散策 »