« 2011年の重大ニュースを見て | トップページ | ウォルマートの影 »

地域間対立は水面下で進行中

先日、原発の立地自治体が、かなり交付金や寄付をねだっていたと書かせていただきました。

理経済:まるで乞食だ… - 原発ムラへのたかり構造

新聞にせよ私にせよ、「福島」で一括りにしがちですが、色々話を聞いていると必ずしもそうではないようです。
コメントにて、いわきの方と原発立地体の方が対立しています。

いわきとフタバはほとんど関係ありません。
>>こんなことを書くとまたいわきの人から文句が飛んできそうですが

彼らはいわきナンバーを使っていますがそれは彼らが住んでいる双葉郡ではナンバーがないためです。
それに、いわきの町の多くは原発からの金を双葉の連中と違い、直接的には受け取っていません。
もし機会があれば「福島原発の真実」という本を読んでください。
私は双葉の連中は被害者ではなく自業自得であり、むしろ加害者だと思っています。
>>いわき人さん

「双葉の連中」
馬鹿にした言い方ですね。
このように、隣なのに、避難者への理解は皆無。
今に始まったことではありませんが、いわきは、双葉郡を見下すようなところがあり、まさに、井の中の蛙。
気候は好きですが気質は嫌いです。
>>原発難民さん

てっきり私への批判だと思っていたのですが、どう読んでも私宛ではなさそうです。
本文でも「双葉の連中」とは、書いていません。
この様な地域対立は前から聞いていましたが、目の前で行われると驚きます。

福島原発を呼び込んだクズ双葉町の連中だけがこの恩恵を受けている こいつらも加害者だろ、吊るせ ←重いです
福島原発で自治体の責任について、福島原発で誘致した自治体は当然加害者であると...
福島県原発について。東電社長に土下座をさせたり罵声を飛ばしたりしてる福島県民...
原発の立地市町村

私がいわきに行った時も、富岡の封筒を持っている人がウロウロしていたり、小奇麗な服を着た立地自治体の人が、店主と話しをしていました。
店主は「いわきに住んじゃえば?」と言っていた事を考えると、全員が全員対立しているわけではないようです。

問題は今後です。
今回の一件は様々な利権者が複雑に絡み合っています
特に原発立地自治体はその恩恵が巨大でした。

一方周辺自治体は、遠くなるほど恩恵は小さくなり、それでいて被害はそれほど差がありません。
和解額に差が出なければ、むしろ周辺自治体から非難が来そうです。

現在は、行政府の司法を無視した、日和見的な動きの所為で、その辺りは考慮されていませんが、今後はその辺りも争点になってくるでしょう。
感情論的には現行の方針でまずまずなのかもしれませんが、論理的かつ法的に考えれば、どんどん立地自治体の旗色が悪くなるでしょう。

単純に「被災者だから救済」という話にはならなそうです。

|

« 2011年の重大ニュースを見て | トップページ | ウォルマートの影 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/53642753

この記事へのトラックバック一覧です: 地域間対立は水面下で進行中:

« 2011年の重大ニュースを見て | トップページ | ウォルマートの影 »