« 福島にお邪魔しました - 3,4日目 Jヴィレッジ訪問 | トップページ | 言論の自由と義務 - 格付会社の敗北 »

オリンパスの売上高比率 - 内視鏡のシェア2割

皆さんお久しぶりです。
やっと大学院で初めてのテストが終了。
鉛筆オンリーなので、腕が痛いです。

さて、やっぱりというかなんと言うか、世間ではオリンパスの事件が早くも風化し始めています。
上場廃止もなさそう。
政府側が圧力でもかけてるんですかね。
東洋経済国策上場維持と、過激なことまで言っています。

オリンパスと言えば、内視鏡の世界シェア7割とのキャッチコピーで通っており、その辺りが国策に通じているとの事です。

しかし、私の記憶では内視鏡の市場自体それほど大きくなかったはずですし、逆に大きな市場で7割取っているのなら、時価総額数兆円とかあっても不思議ではないはずです。
ウッドフォードさんもNHKも、キノコや化粧クリームなど、内視鏡と全く関係ないものを買収していたと盛んに報じていたので、少し調べてみました。

ちなみに、上記放送の1時間50分位に、日経の記者が、「あんたらはジャーナリストではない」と、ウッドフォードさんに怒られています。
事実関係を調べればすぐにデマとわかるような事を、碌に調べもせずに聞いた事が不味かったようです。
次の日の日経には「○○について強く否定した」と書かれていました。
否定されたのは日本の新聞そのものだと思うのですが。

さて、オリンパスの分野別売上高を細分化してみると、こんな↓感じです。

オリンパスの分野別売上高

オリンパス:財務データダウンロード 分野別売上高より作成

オリンパスの内視鏡世界シェアは7割かもしれませんが、オリンパス内のシェアは2割そこそこのようです。
正直「内視鏡の会社」とは言い難い状況に陥っています。

売上高ベースでみると、情報通信業の方が内視鏡より大きいんですね。
っていうか、オリンパスって情報通信なんてやってたんですね。

オリンパス曰く「携帯電話、光回線の販売や、法人向けソリューション型サービスを通じてユーザーの皆さまに利便性と安心を提供」しているそうです。
要らないでしょう。

ウッドフォードさんのニコ生でのぶらさがり会見では、「中核事業ではないが、赤字でもない」との事で、取り敢えず復帰しても手放さないようです。
文脈から考えると、いい値がつけば売るのでしょうが。

また、オリンパスは売上高1兆円に拘っていたので、内視鏡だけでは限界を感じていたようです。
内視鏡の世界市場は、多く見積もっても5,000億円
2003年の日欧米の2,550億円ですし、中国等の新興国を含めても、4,5千億円が限界でしょう。

内視鏡の市場規模

特許庁:平成17年度 特許出願技術動向調査報告書 内視鏡 PDF

なお、変な買収の代表格である化粧品の市場規模は、日本だけで2兆円を超えます。

化粧品の市場規模ですが、日本メーカーの化粧品販売額は経済産業省の化学工業統計平成22年によると1兆4,219億円とされています。これに外資系メーカーの販売額などを加えると市場全体では2兆2,000~3,000億円程度の規模と推計されています。
>>化粧品・トイレタリー産業について調べるには

内視鏡も一事業として位置付け、技術の会社としたかったのかもしれませんが、明らかに方向性が間違っていたようです。
衛星のレンズとか、海底ケーブル、土管の補修用のレンズ技術とか、やりようはあると思うのですが。
経営者の虚飾が凄まじかったようです。

それにしても、事態の収束速度が異常に早いですね。
この手の事象は、ライブドアと同じで、ボディーブローの様にじわじわ効いていきます
単なる1企業の話ではなく、市場の信頼性や、参加者の行動パターンに大きく影響します。

ライブドアの時は、その後新興市場が低迷するきっかけとなり、IPOが激減しました。
さらに市場そのものの持続力がなくなり、全然上がらなくなりました。
あの時は日経平均は17,000円位ですが、今は半値。
リーマンショックやらヨーロッパのショックやらで海外もやられているのに、日本だけ酷い状態。

円高だから?本当にそうでしょうか。
米国も欧州も、一時期通貨高で悩んでいたはずですが。
厳粛な対応を期待します。

|

« 福島にお邪魔しました - 3,4日目 Jヴィレッジ訪問 | トップページ | 言論の自由と義務 - 格付会社の敗北 »

企業」カテゴリの記事

コメント

内視鏡というのは光学機器、顕微鏡、材料、エレクトロニクスなど多くの技術により支えられた技術です、内視鏡がもしオリンパス内部に占める割合が7割だとしたら、おかしいですよ!そんな企業は恐らく、技術のほとんどを、他企業に依存する企業ということになるのではないですか?それから家電製品ではないので、市場規模は大きくないでしょう。貴方がどの市場と比較して言ってるのかわかりませんが、どの程度の規模の市場を求めるのか、それは企業の個性でしょう。

投稿: | 2012年12月18日 (火) 00時06分

光学機器メーカーですので、工場を持つ大手の家電メーカーに恐らく検査機器を納入しているはずです。所謂、工業の基礎をなす会社ともなっていると思うのですが?
またオリンパスは内視鏡で1兆円売上を目指しているのではなく、医療機器市場の間違いではないですか、外科処置具の医療機器市場ですよ。超音波医療機器も入っています

投稿: | 2012年12月18日 (火) 00時27分

1,2コメさん
コメントありがとうございます。
また、お返事が遅れすみません。

>オリンパス内部に占める割合が7割
すみません、ここの部分はちょっとわからないです。
オリンパスの売上に占める内視鏡の割合は2割強です。

元々この手の医療器具・薬品は、
家電と異なり高利少売な商品です。

捜査の結果、どうも会社全体で売上1兆円を目指していたようです。
その為変な会社を買収していたわけですが、
商品の特性を理解し、売上を目標にするのではなく、
粗利や営業利益を重視すればこうはならなかったのですがね。

>検査機器を納入しているはず
区分は有価証券報告書をよく見ないとわかりませんが、
「産業機器」がそれに該当すると思われます。
売上的には6%でしょうか。
まあ有報を弄っている可能性が無いとは言えませんが。

投稿: なる | 2012年12月31日 (月) 01時48分

>>オリンパス内部に占める割合が7割
私の
内視鏡がもしオリンパス内部に占める割合が7割だとしたら、おかしいですよ!
の言葉は、あなたの下記の言葉への応答です。
[オリンパスの内視鏡世界シェアは『7割かもしれませんが』、オリンパス内のシェアは2割そこそこのようです。]
正直「内視鏡の会社」とは言い難い状況に陥っています。
売上高ベースでみると、情報通信業の方が内視鏡より大きいんですね。

『かもしれませんが』という文章で使用されている接続助詞『が』は逆接を意味するもので、[]内の文章の意味は下記のように解釈してしまいました。
[世界シェアは7割ですが、その割にはオリンパス内のシェアは2割程度で低いです。]
その事からも「内視鏡の会社」とは言い難い

内視鏡の技術は決して『鏡』の技術ではなく画像取得に関するハード、ソフト、生命科学、映像(カメラ)、材料(ガラスファイバー、レンズ、鏡、センサー、生体材料)の技術を含んでおり、それらの技術は情報(画像処理ソフト)、医療器具機器(手術器具、手術支援ロボットなど)、検査機器(産業機器)、デジタルカメラ、ライフサイエンス(顕微鏡、多光子励起レーザ走査型顕微鏡など)に利用できます。基盤技術開発の企業なら、内視鏡の社内シェアが2割でもおかしくないとの事を言いたかっただけです。

あなたは市場の大きさに関心があるかもしれませんが?、大きい市場は新興国との価格競争となり、薄利多売になりますので、規模的に小さいオリンパスにとっては、目指す市場にはなりえないと思います。

投稿: | 2013年1月 6日 (日) 16時22分

1コメさん
コメントありがとうございます。
お返事が遅れすみません。

>基盤技術開発の企業
オリンパスのイメージングの基礎技術は
非常に高いものだと思います。

内視鏡の技術が多角化して
現状の社内売上比率に落ち着いてるのは
その通りだと思います。

とはいえ、「内視鏡の技術から全ての技術が派生しているから『内視鏡』の会社」
と呼ぶのは少々強引だと思います。
歴史や技術を知らないとわからないですし。

まあ呼び方の問題はブランディングの問題なのですが。

>大きい市場は新興国との価格競争となり
その通りだと思います。
彼らの様な商売は高利少売を目指すべきです。

ただ、彼らの多角化を見ると、
市場規模が大きく、
薄利多売的な分野に進出し過ぎなように思います。
誰でもできる事は利益には繋がりません。

内視鏡の社内売上比率が低いのだって、
売上ばかりが計上される
低利益率の分野が多い所為です。

彼らはもう一度自分たちの強みである、
人にはできない事ができるという能力を
考え直した方が良い気がします。

投稿: なる | 2013年2月11日 (月) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/53569643

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパスの売上高比率 - 内視鏡のシェア2割:

« 福島にお邪魔しました - 3,4日目 Jヴィレッジ訪問 | トップページ | 言論の自由と義務 - 格付会社の敗北 »