« 福島にお邪魔しました - 2日目 タンガロイと地元史 | トップページ | オリンパスの売上高比率 - 内視鏡のシェア2割 »

福島にお邪魔しました - 3,4日目 Jヴィレッジ訪問

福島3日目
折角なので広野まで。

理経済:福島にお邪魔しました - 1日目 いわき市観光
理経済:福島にお邪魔しました - 2日目 タンガロイと地元史

朝飯にホテルの軽食を食べ、広野駅行の電車へ。
もう少しちゃんとしたビュッフェを想像していたのですが、ちょっと残念。
まあ味はいいですし、値段相応ってことですかね。

Img_0091

電車は1時間に1本。
時間によっては1時間半待ちです。
行く時はいいのですが、帰りに気を付けないとやばいことになりそう。

Img_0036

取り敢えず広野へ。
道中はいい感じの海景色。

Img_0123

電車に乗る事30分。
広野駅に到着。
天気は晴れていて、絶好のお散歩日和。

Img_0096

2車線の線路を急ごしらえで1車線にしたようです。
奥に火力発電の煙突が見えます。
知らなかったのですが、Jヴィレッジの隣は火力発電所なんですね。

Jヴィレッジまで1時間。
のどかな風景が広がっています。
ジブリアニメを実写化したような光景です。

Img_0101

道中唯一のスーパー。
看板からして閉店しているのかと思ったのですが、普通にやっていました。
それどころか、昼時だったためか三菱重工のマイクロバスで横づけ。
大盛況でした。

駐車場では20人位がタバコを吸っていました。

Img_0121

しばらく行くと、急に道路が良くなります。
どうも発電所が近いらしく、車なんて殆ど走ってないのに3車線。

Img_0107

車組は高速から直接来るようです。
楽でいいのですが、街の空気に触れられないと考えると、損な移動手段です。
難しいですね。

ちょうどGE・日立組のバスが。
原発会社で見ていないのは東芝だけですが、彼らは相馬の方から攻めてるんですかね。

Img_0108

広野発電所の隣の作業用施設。
元々Jヴィレッジと同じくサッカーコートだったのですが、全部潰したようです。
人は出払っていたらしく、ほとんどいません。

Img_0111

大きな橋をわたり、Jヴィレッジの前へ。
楢葉の手前で立ち入り禁止となりました。
写真を撮って引き上げ。

Img_0115

そこから広野方面に向いて撮った写真。

Img_0116

橋からの景色。

Img_0117

写真を見直すと、送電線が走っているのがわかります。
町内は電線も怪しいのですが、送電線はバッチリ走ってます。
都心に電気を送ってるんですね。

Img_0119

東電の寮。
この辺りは1件屋ばかりで、アパートタイプは東電関係だけ。
人口も少なく、飲食店も3店位しか見かけないのに、住民はどうやって所得を得ているのでしょうか?

何とか2本目の電車に間に合い、悠々とお帰り。
と思いきや、定刻5分前に、"プシュー"。
ドアが閉まってビックリ、逃すと2時間待ちですからね。
後で聞いたら、1車線ナノで一回閉めないといけなかったようです。
ドアに体当たりしてしまいました。

いわきに帰ってお土産を漁りました。
夕食は狙っていたラーメン屋へ。
しかし営業時間内なのに相変わらず閉まっています。
いつやってんだよorz。

3日目終了。

4日目はホテルにさっさと追い出されたので、図書館で新聞チェック。
日経なんて読んでも仕方ないので地元紙を見た所、東電の話題が大きく出ています。
字がでかいので読めなくは無いですが、色々ありそうなので、画質は下げてあります。

Img_0138

読んで驚いたのですが、40年前の東電副社長は木川田一隆という、福島出身の方でした。
そして当時あの辺りにいた、天野光晴という議員がかなり絡んでいるようです。
日経読むよりよほど面白いですね。

バスに乗り東京へ。
福島3泊4日の旅、とても充実していて、良い旅行でした。
車で行ける範囲なので、皆様も如何でしょうか?

|

« 福島にお邪魔しました - 2日目 タンガロイと地元史 | トップページ | オリンパスの売上高比率 - 内視鏡のシェア2割 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私はいわき市出身です。いわきに行って頂きありがとうございました。広野の方々は、今は、多くがいわき市の仮設住宅に住んでいらっしゃいます。市役所もいわき市に移転しています。御苦労さまでした。

投稿: satbody | 2011年12月 6日 (火) 20時46分

satbodyさん
コメントありがとうございます。

私が泊まっていたホテルでは、
富岡の封筒を持った人がウロウロしていました。

近くのラーメン屋では、双葉から来た人が店の主人と話していました。

タクシーの運ちゃんは、
「地震直後はいわきが前線基地だったので、物凄い数の人がいた」
と述べていました。

やはりあの辺りには多くが疎開してきているんですね。

一方、広野町のスーパー「アイアイ」は、いつになく大盛況。
世の中わからないものです。

安全圏から新聞を見るのとでは、随分感覚が違います。
とてもいい経験になりました。
お世話になりました。

投稿: なる | 2011年12月 7日 (水) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/53413957

この記事へのトラックバック一覧です: 福島にお邪魔しました - 3,4日目 Jヴィレッジ訪問:

« 福島にお邪魔しました - 2日目 タンガロイと地元史 | トップページ | オリンパスの売上高比率 - 内視鏡のシェア2割 »