« 怒る割に学ばない人々 | トップページ | 東電がウラン権益を売却をするらしい »

なんで和解なんだろ - 東京電力の賠償金

東電賠償について、政府はなぜか和解推しです。
法的拘束力のないはずの和解持ち込みたがるのはなぜなんでしょうね?

政府は、福島第一原子力発電所の事故で被害を受けた人への損害賠償がスムーズに行われるよう、東京電力に対して、被害者との交渉がまとまらない場合でも、裁判ではなく第三者機関が示す和解の内容に従うよう要請する方針を固めました
>>原発賠償 東電は和解内容尊重を

賠償手続きの期限を求めたり、なぜか政府は焦り気味です。
本来こういう揉め事は司法の場で争われてしかるべきなのですが、なぜか其処には触れてほしくないみたい

司法権の最高責任者である最高裁が手を出さずに、あれよあれよという間に、金額まで概算が出ています。
完全に蚊帳の外です。

日弁連は訴訟しないことについて、長引くからと言っていますが、元々長期的な話なんだから、最初の部分以外は長引いても問題ないような。

それに、弁護士のフィールドは裁判所なんだから、彼らが態々自分たちの優位性を切り落とすのは良くわかりません
過払い金和解でもめた時も、安い行政書士に仕事が流れたわけですし、自分たちの強みが活かせないと思うんですが。

また、住民側もアクションが無いのは不思議です。
和解には応じられないが、裁判はされたら困るみたいな。
今すぐお金がないと困るという人もいるでしょうが、金持ちは往々にしています。
特にあの辺りは。
やられたら困る事でもあるんですかね。

和解は訴訟と違い、当人が今ひとつわからない所で繰り広げられ、確定した値もよくわかりません。

過払い金の時に問題になったのは、弁護士と依頼人のトラブル
依頼人は知識が乏しいので、かなりピンハネされても気付きません。
そもそも知識があるなら、あんな高金利で金を借りようとは思いません。

多重債務者の気持ちを考えず、自分たちの利益を追求するだけの悪徳弁護士・司法書士のせいで『過払い請求の2次被害』が急増しているのです。トラブルの主な内容は、

・十分に相談に乗ってもらえない
・弁護士や司法書士が直接、相談にのってくれない。
・過払い金の請求額が満額ではなく、半額程度で勝手に和解された
成功報酬が4~6割も取られた
・費用の説明等がなかった。
・ブラックリストに載ってしまった。
・借入先を全部書けと言われて、書いたら勝手に全部のサラ金を相手に過払い請求をされていた。
・高額な着手金を支払ったのに着手してもらえない。
・1年近く放置されている。
取り戻した過払い金の返金額ごまかし

などこうした弱者につけこむ状況を見てみると、法曹界の正義はどこへいったのか!!という気持ちで一杯になってきます。
>>弁護士・司法書士とのトラブル急増!

中日新聞:『過払い金返還』トラブル続出 問われる弁護士モラル
クローズアップ現代:過払い金が狙われる ~相次ぐ弁護士トラブル~

ピンハネに気付いた時、弁護士は身を挺して守ってくれる正義の味方ではなく、自分達と同じサラリーマンである事を思い知るわけです。
まあ、知らない方が悪いと思います。
東電の和解問題はどうなるのでしょうか。

私は訴訟に持ち込みます。
浮いたお金で地熱増加と火力の切り下げですな。

|

« 怒る割に学ばない人々 | トップページ | 東電がウラン権益を売却をするらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/53075729

この記事へのトラックバック一覧です: なんで和解なんだろ - 東京電力の賠償金:

« 怒る割に学ばない人々 | トップページ | 東電がウラン権益を売却をするらしい »