« ニューヨークの喫煙率、14%に低下 | トップページ | うちの企業はブラックかも - 要は相性 »

本気でないデモ

15日に都心でデモがあったそうです。
ニューヨークのデモに乗っかったようですが、参加人数は100人程と、かなり小規模です。

15日正午過ぎ、「オキュパイ・トウキョウ(Occupy Tokyo)」という垂れ幕が掲げられ行われた。…(中略)…埼玉県で英語教師をしているキップ・アンデルセンさん(45)はデモ隊と歩きながら、「私がここに居るのは、特に日本では、人々が何が起きているのかを気づいていないと思うからです」と言い、2008年の金融危機「リーマンショック」以来世界で起きている異変を訴えていた。
>>「オキュパイ・トウキョウ」:所得格差、原発問題で霞が関周辺を行進

ただ、主張は統一的ではなく、バラバラのようです。

ニコニコニュース:「東京を占拠せよ」ウォール街の格差デモに呼応 主張はバラバラ

主催者としては色々な問題があるから主張を絞りたくなかったそうですが、あまり本気度が伝わらない気が。
しかも人数が少ないから尚更です。

また、逮捕者が一人も出ないあたり、少し違和感があります。
ニューヨークでは70人が捕まっています
参加人数が少ないこともあるでしょうし、日本人がお行儀が良いというのもあるのでしょうが、時と場合によっては逆効果です。

日本のデモは許可制
警察から許可を貰わないとデモができませんし、デモの時は警察が安全確保のため、交通指導のために付き添ってくれます
許可制ですから逮捕も滅多にありません。
下記のサイトでは、実際に申請をした方の話が載っています。

mukofungoj:デモで途中参加・離脱ができないなんてどこの世界のおとぎ話? 日本の現実だったりして!

まあ、デモが許可制なのは先進国ならどこでも同じようですが、彼らの場合は、時として「そんなのかんけーねー」と発作的にデモ行動をとるので、高確率で逮捕者が出ます。
沸点が低いのか、何も考えていないのか良くわかりませんが、少なくとも逮捕覚悟でやっている本気は伝わります

本気度が伝わらないと、ただの「無責任な発言」で終わってしまうので、正直印象に残りません。
その元気を当事者として(正しくは当事者であることに気付いていないだけ)活かしてくれればいいんですがね。

ちなみに、現在の諸問題の多くは世代間格差から来るものです。
所謂レガシーコスト
例えば雇用の不安定や、給与削減の理由は高齢者に吸われているからです。
企業も吸われる側なので、その皺寄せを現在の雇用者に何とかまわします。

日本経済新聞:年金「過剰支給」5兆円、世代格差対策急務に
日本経済新聞:健保組合、9割が赤字見込み高齢者支援が圧迫 PDF

また、高校の無償化等、若い人への財源が無いのは、年金や医療費などの社会保障費が異様に高いから
グラフ↓は一般会計、特別会計に占める、各費用の割合です。

2009年度 国家予算(一般会計・特別会計) 歳出総計

財務省:平成21年度 財政法第28条等による予算参考書類
理経済:民主党も変わらずか… - スルーされる特別会計

国債への費用と社会保障費を足すと、全体の予算の7割を占めます。
国債費を除いた場合、社会保障費は他のすべての費用を足したより大きくなります
1%ポイント位教育費に回せばいいのに。

どんなに仕分けをしても、社会保障費をいじらない限り、財政は好転しません。
そして、政府の本気度は社会保障費に踏み込めるかで決まります
小泉さんの様に後期高齢者医療制度で保障費いじったりしないと、何も解決しません。

消えた年金問題は、照合だけで3000億円もかかるとの事で、ひっそりと断念。
今までの費用は無駄になるかもしれませんが、傷が広がらず良かったです。
元々貰い過ぎなんだから多少仕分けしてもいい気も。

原発にしても、元々40年以上前に建てられ、そこから自治体や電力会社の癒着が始まったわけです。
株主だって、元々は爺様方ばっかりでした。
そもそも当時は株取引自体それなりにお金がなければできませんでしたから、当時の若い人には買えませんでした。

原発を進めてきたのは、「先祖代々の土地を返せ!」とか言っている彼ら自身です。
その辺が問題にならないのは、彼らの力が強いからでしょう。
「人々が何が起きているのかを気づいていない」と言うのは、強ち間違っていないと思います。

|

« ニューヨークの喫煙率、14%に低下 | トップページ | うちの企業はブラックかも - 要は相性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。

さて

世界各地でのデモですが

自分には感覚として

世界のデモがアクションで

日本のデモがアトラクションに
見えて仕舞うのですが
本気さ加減が違うのですね。

投稿: 滝谷 | 2011年10月17日 (月) 05時59分

滝谷さん
いつもご覧いただきありがとうございます。

>世界のデモがアクションで日本のデモがアトラクション
うまいですね。
確かにそのような雰囲気です。
どちらかというとお祭り気分で、騒ぎたいだけみたいな。

薄っぺらく見えるのは、多分それだけ恵まれているからでしょう。

アメリカでは所得格差が甚大で、
飛行機の機長は年収3万ドル。
JALとはえらい違いです。
新興国は(主に先進国と偉い人に)搾取されまくってました。

窮鼠猫を噛むというように、
追い詰められた人の気迫は、鬼気迫るものがあります。

この国も背水の陣になれば、彼らと同じ位本気になるのでしょうが、
現時点ではまだ無理ですね。
手遅れにならねばいいのですが。

投稿: なる | 2011年10月18日 (火) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/53007936

この記事へのトラックバック一覧です: 本気でないデモ:

« ニューヨークの喫煙率、14%に低下 | トップページ | うちの企業はブラックかも - 要は相性 »