« 終わったニュースに価値は無い | トップページ | 一票の格差を是正するらしい »

まるで乞食だ… - 原発ムラへのたかり構造

こんなことを書くとまたいわきの人から文句が飛んできそうですが、最近メディアでも地元電力会社癒着について報じています
放射能では視聴率が取れなくなったから、社会悪に転向したんですかね。
相変わらず仕事熱心なことで。

以前からそうでしたが、正直彼らにそこまで同情せねばならない理由がよくわかりません。

理経済:交付金と公共投資② - 富岡町の産業構造

おれは年間、1万1196円の〈原子力給付金〉が東電から振り込まれてる。ああ、これこれ。去年の10月27日。40年もらってきたからトータル50万円。だけど漁民は家も船も補償されて、ひとり当たり数千万に近いカネを手にした。そりゃみんな〈東電様々〉よ。全部、消費者のみなさまの電気代です。
>>双葉町民 鉢呂前大臣『死の町』発言ありがたかったとの声も

情報の出所が週刊誌なのは気になりますが、最近の新聞はどうも怪しいので、信用レベルは同じくらいですかね。
所詮彼らは「報道の自由」は主張しますが、「発言の責任」は殆ど負いません。
明らかに風説の流布なんですが。
今回に限って言えば、AERAの地元の声でも似たような話が出ていたので、満更うそでもないでしょう。

この人によるとJヴィレッジは東電から寄贈されたそうですが、調べてみたら確かにそのようです。
しかも、不公平だとごねる他の自治体にも裏金を渡す羽目になったとか。

福島県にJヴィレッジの寄贈があった97年、新潟県の柏崎刈羽原発で7号機が7月に完成し、すべての建設計画が完了した。市元幹部らによると、柏崎市は、東電に完成のお礼として寄付を要請。この際に意識していたのは、Jヴィレッジの総工費130億円で、「うちも100億円規模」と考えたという。金額の希望は、関係者を通じ東電に伝わるようにした。
>>東電に苦情・寄付要求の連鎖 「Jヴィレッジ」契機

朝日新聞:東電、原発立地自治体に寄付400億円 予算化20年余

東電の改革で修繕費等の無駄な経費を省くそうですが、それってこういう根回しの為に使っていたんですよね。
私としては無駄を省いて欲しかったので、これは望む所なのですが、他の自治体は寛大だなw。
Jヴィレッジだって元々そういう意図で作られてたのでしょうし。

J-CAST:電気料金6000億円取り過ぎ―保養所維持費や慶弔費も上乗せ

東京電力の場合、株主や債権者の多くは年金や保険団体です。
既に、各電力会社の大株主である日本生命は、新規保険の予定利率を引き下げていますし、社債を組み込んでいるGPIF(年金系基金)は、枝野大臣の発言に憤慨してます。
かつては民間唯一の日銀適格担保でしたから、持ってて当然ですか。

度々彼らの責任を問う声が聞こえますが、年金や保険に穴が開いて困るのは自分達な訳ですから、「国民の税金を使って国民の資産を守る」わけです。
穴から漏れたお金は?
それは賠償の対象となっている方々に渡されます。

正当な理由があり、今まで何も受け取っていなかった人達には、支払いがあってもいいような気もしますが、立地していた地域の人達は必要ない気がします。
ダム建設と違って、突然の立ち退きではなく、今まで持ちつ持たれつだった訳ですから、同列にはできません

なんか金の亡者に見えて仕方ありません。
政治家も悪役を叩くパフォーマンスがしたいだけみたいで、肝心なところで逃げるし、日陰でばら撒きの内職してるし。

なんだかな~。

それにしても、不思議でならないのは、なぜ追い出された人々の間で世代間対立がおきないのかと言うことです。
チェルノブイリで問題になったのは、がん患者の増加ではなく、雇用の激減です。

「チェルノブイリでは癌が増えた」と日本では大々的に報じられましたが、外国は思ったより少なかったと報じています。
死亡者の多くも、どちらかと言うと自暴自棄になった宿命論者が多かったようです。
この辺はプルトニウム人体実験の結果と一致します。

日本の新聞各紙は,「チェルノブイリ被曝死4,000人」といった見出しで,死者の数のみを強調し,事故の影響が予想されたほどでなかったことに力点を置く欧米の報道とは対照的であった。
9月8日付けNew York Times 紙の社説は,次のように伝えている。
チェルノブイリ事故は,健康被害も環境被害も当初恐れられていたよりはるかに少なく,重大事故ではあったが,catastrophe(破滅的)ではなかった。
公衆の最大の健康被害は,極めて誇張されたリスク観念に基づく精神的な被害であり,不安にかられ,宿命論者になり,薬物・アルコール依存,失業,無気力をもたらした。
>>チェルノブイリ20年の真実

チェルノブイリに事例から言っても、健康被害は思っているほど出ないでしょう。
むしろ問題なのは雇用で、東電等の寄付金減、最悪完全撤退な訳ですから、町に職がなくなります

爺様方は雇用なんて関係ありませんから、賠償金をせびってヌクヌク暮らせるでしょうが、若者はそうもいきません。
チェルノブイリの事例では、移住先においても元の地域においても雇用が無くなっており引退した人にはいいかもしれませんが、現役世代は大変です。

双葉の商工会議所のお偉いさんもその辺りを危惧していた様ですが、この調子だと、自身の手によって危惧が実現しそうです。
大丈夫かな。

|

« 終わったニュースに価値は無い | トップページ | 一票の格差を是正するらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いわきとフタバはほとんど関係ありません。
>>こんなことを書くとまたいわきの人から文句が飛んできそうですが


彼らはいわきナンバーを使っていますが
それは彼らが住んでいる双葉郡ではナンバーがないためです。

それに、いわきの町の多くは
原発からの金を双葉の連中と違い、直接的には
受け取っていません。
 もし機会があれば「福島原発の真実」という
本を読んでください。
私は双葉の連中は被害者ではなく
自業自得であり、むしろ加害者だと思っています。  

投稿: いわき人 | 2011年10月12日 (水) 12時11分

いわき人さん
コメントありがとうございます。

いわきと立地自治体の心理的距離が分らなかったので、
変な事を書いてしまいました。
ごめんなさい。

富岡を調べた時にいわきや相馬についても調べましたが、
仰るとおり、自治体としての補助金や結びつきはかなり少なく、
人口比率等も勘案すれば殆ど0です。
恩恵は原発から離れるほど少なくなるようです。

しかしなぜかその部分は殆ど報道されず、
触れる事すら許されない感じです。
賠償についても、きっと原発に近い側から金額が多くなるでしょう。

今回の一件で不思議なのは、なぜか訴訟が起きないこと。
賠償といっていますが、正しくは和解です。
司法を通さず、行政が勝手にわいわい騒いでいるだけ。
やったらまずいことでもあるのでしょうか。

また、高線量ならともかく、
あの程度の放射線量に害があると言う証拠は皆無です。
巷にある本も、健常者との比較が無いなど滅茶苦茶です。

チェルノブイリのデータでさえ、被害状況に多数の矛盾がある位です。
例えば、癌発病患者数が多数報告されている割に、死亡率が0.5%以下とか。

立地体から言わせれば、司法で根掘り葉掘り聞かれて、
自分達に責任が降りかかったり、
被害が殆ど分らなかったりと、減額になるのがいやなのでしょう。

だから金額が低いとか手続きが煩雑だとか文句を言うくせに、
一度も訴訟の話題が出ないのでしょう。

彼らは被害者。
そういう空気がメディアや政府、自分で調べようとしないリテラシーの低い人々によって熟成されているように感じます。
対立の根源は、どうも今の議論と違うところにありそうです。

ちなみに、私はあの程度の線量は、過去のデータからまったく気にしないので、
親へのプレゼントに福島の梨を送りました。
現在いわき旅行を計画中。
本当はもう行ってるはずだったのですが、
仕事で延期orz。

投稿: なる | 2011年10月13日 (木) 22時03分

「双葉の連中」
馬鹿にした言い方ですね。
このように、隣なのに、避難者への理解は皆無。
今に始まったことではありませんが、いわきは、双葉郡を見下すようなところがあり、まさに、井の中の蛙。
気候は好きですが気質は嫌いです。

投稿: 原発難民 | 2011年12月31日 (土) 08時54分

原発難民さん
コメントありがとうございます。

このコメントは、私へのコメントではなく、
いわき人さんへのコメントと言う事でよろしいでしょうか?

もしそうでしたら、興味深いので、
本文にて回答させていただきます。

投稿: なる | 2012年1月 2日 (月) 01時28分

お前らのように
東電に身も心も売った連中なんて
人間以下だわ

お前らが福島にどれだけ損害を与えたのかわからないのか

寄生虫ども。

投稿: | 2014年5月 3日 (土) 18時56分

5コメさん
コメントありがとうございます。

上の議論ではありませんが、
人間は最終的に自己利益に忠実なもので、
同業の人の話を聞いていると避難した人が東電を保有していたり叫んでいる人が東電を空売りしていたりと、
何だかんだで東電の関係者になっているようです。

あなたの言葉を借りるなら、
世の中には内部にいる寄生虫と外部にいる蛆虫と
世間を知らない批評家が跋扈しているようです。

投稿: なる | 2014年5月 8日 (木) 00時39分

"直接的"受益の連中は叩いても、利益(と同等の損益も含む)産業に依存する国家・社会と国民心情を批判する人は少ないね。

やはり、現実直視と厳しい選択を決断するより安易な結末を求め、罪を認めたくはないのが人間らしさということ。

投稿: 通りすがりのF県民 | 2014年10月17日 (金) 13時05分

日本だと訴訟のノウハウやバックが無いと甘い汁は吸えません。まあそれも自業自得。仕方ないですね。あれ?私、宿命論者?なんてね、。前向きに貪欲に生き抜きますよ!良いブログを有難う!多くの学びがある稀有で優秀なブログです。ハレルヤ!!

投稿: 匿 | 2015年1月31日 (土) 13時50分

通りすがりのF県民さん
コメントありがとうございます。

現実は非情なもので、現地では雇用が無くなり
他の原発マネー自治体はマネーカットと公共施設の維持費で苦しむわけです。

間接的な受益者への批判はタブー視されているのか、
当ブログのように、彼是現実的なリスクや策を考えると方々から批判されます。
(批判している人は往々にして無関係で高みの見物組な気も・・・)

現実を見ないと苦労するのは自分なのですが、
人間は感情という易きに動く習性の動物なのでしょう。

投稿: なる | 2015年3月 4日 (水) 23時10分

匿さん
コメントありがとうございます。
また、お褒め頂ありがとうございます。

人間の性は宿命と同じ、
こうなったのかは必然だったのかもしれませんね。

投稿: なる | 2015年3月 4日 (水) 23時14分

お前らのように
東電に身も心も売った連中なんて
人間以下

福島でコメ作って市場か価格で売れるか体験してください。

福島に行って、「モルモット」になってください。
泊源八が爆発したとき、富良野だから関係ないやと思ってください。
原発乞食と言われてください

投稿: | 2015年8月 7日 (金) 10時26分

あなたがたのように
コメ作農家で作った米はいくらで売れるのでしょう? 東電信じてにコメ作農家で作った米はいくらで売れるのでしょうね。身も心も売った原発乞食?
福島に行って、コメ作って見てください。
あなたはモルモットです

投稿: | 2015年8月 7日 (金) 10時36分

コメントありがとうございます。

今一つ話がよくわからないのですが、
上の文章は福島全体の話ではなく立地自治体の話をしています。

原発事故で福島のコメが下がって云々というのであれば、
それは東電本体と、一緒に甘い汁を吸っていた自治体に言うべきでしょう。

現在は東電は悪者、福島は被害者、自治体は一番の被害者
みたいな構図になっており、これは如何にもおかしいと思うわけです。

投稿: なる | 2015年8月 7日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/52909907

この記事へのトラックバック一覧です: まるで乞食だ… - 原発ムラへのたかり構造:

« 終わったニュースに価値は無い | トップページ | 一票の格差を是正するらしい »