« 最近欧州からの営業がすごい | トップページ | 放射能を正しく怖がる① - 高線量被曝の場合 »

イタリアは財政再建と原発廃止で二重苦

イタリア財政再建で躍起になっているようです。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がイタリアの格付け見通しを引き下げたことで、同国の財政問題に市場の関心が集まっている。同国の公的債務の国内総生産(GDP)比は120%
>>イタリア、財政再建計画を発表

日本の方が財政的には悪いはずなのですが、イタリアに先を越されてしまいました。

イタリアの財政が悪いのは昔からで、常に彼是言われてきましたが、その度に何のかんので財政問題から逃げてきたわけですが、さすがに今回は無理のようです。

重荷になりそうなのは原発からの撤退。
電力料金が上がりやすくなるでしょうし、普及のための補助金も重石になりそうです。
意外と途中で補助金を打ち切ってしまうかもしれませんね。

日本でも太陽光パネル等の補助金がかなり出るため、20年で採算が取れと宣伝されていますが、補助金も20年は持たないでしょう。
イタリアも都合の良い所で補助金を切るんじゃないでしょうかね。

この2重苦は、ギリシャ以上に欧州の問題になりそうです。
全廃は言い過ぎたんじゃないですかね。

|

« 最近欧州からの営業がすごい | トップページ | 放射能を正しく怖がる① - 高線量被曝の場合 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/52096255

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアは財政再建と原発廃止で二重苦:

» イタリア公務員5万人削減など財政再建策を決定 [金融起業家 河合圭のオフショア投資ブログ]
今月の新規ゴールド会員受付中↓↓↓ ギリシャ同様、財政再建が課題となっているイタリアが今回以下の追加策を決定しました。 ・中央、地方公務員を5万人削減 ・富裕層に対し5~10%の連帯税 ・祝...... [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 23時18分

« 最近欧州からの営業がすごい | トップページ | 放射能を正しく怖がる① - 高線量被曝の場合 »