« お知らせ | トップページ | 交付金と公共投資① - なぜ無駄遣いが止まらないのか »

放射能を正しく怖がる③ - 冷静な目で見る

さて、最後に意見の回です。
前回まで、放射能による影響を見てきました。

理経済:放射能を正しく怖がる① - 高線量被曝の場合
理経済:放射能を正しく怖がる② - プルトニウム人体実験

良くも悪くも作られた、実際の実験データを見る限り、テレビやどこかの政治家が騒いでいる程影響があるようには見えません
単純に死亡率を下げたいのなら、シンガポールみたいに室内喫煙を禁止したり、自動車の安全基準を"下げた"方が、よほど効果があるでしょう。

今の状況で問題なのは、価値がどこにあるのかさっぱりわからないと言うこと。
人命が大事なのか、自分の恐怖心が大事なのか、政権が大事なのかさっぱりわかりません。

私としては、恐怖心より人命なので、ガイガーカウンター買うお金があるのなら、煙草会社にお金をつかませて、煙草の価格を上げた方が効率的です。
なにせ、年間10万人もの日本人を殺しているわけですから。

理経済:煙草による死者が600万人に!

まして、自動車の安全基準を下げるなら、自動車会社の利益も出やすくなりますから、税金も取りやすくなります。
自動車の安全性を下げると、自動車の運転手は事故った時の死亡確率が上がります。
安全運転をする動機になる
わけです。

涅槃 -ニルヴァーナ-:インセンティブの経済学
無事故に対するインセンティブが運転行動に与える効果について

経済学では有名な話なんですが、ネット上だと中々良い資料がありませんね。

話がそれましたが、人命を基準にするのなら、放射能よりも重視するべきものが一杯あるわけです。

「じゃあ放射能まみれの食品を食べてみろ!」

そうですね、安けりゃ食べます。
実際ほうれん草とか、特に産地も見ずに安いもの買って食べてますし。
何所産だろうが、割安なほうに流れます。

それに、日本の食品はそもそも産地も中身も滅茶苦茶です。
今更騒ぐほどのことでもありません。

例えば、事故米の問題がありました。
あの時は色々な人が随分責められました。
流通したリストを公開したら、知らずに卸していた問屋が自殺するなんて事件もありました。

米問屋でさえ産地がわからないような米を、毎日パクパク食べているわけです。
今更産地なんか見たって仕方ありません。
そういえばウナギの産地偽装なんてのもありましたね。
国産自体信用できません。

あの時、トレーサビリティが大事みたいな事が言われましたが、半年ぐらい経ったら忘れられてしまいました。
あれから3年ですが、日本の複雑な流通が、自発的に改善しているとは思えません。

他にも赤福や白い恋人など、食品偽装が相次ぎました。
クローン牛や成型肉、遺伝子組換食品等など怪しげな食品はいくらでもあります
ユッケなど、消費者の不注意な物もあります。

どれもこれもニュースになった時は、新聞もネットも散々大臣や食品会社を責めましたが、どれも半年程度で収束。
放射能食品問題が出たら無罪放免です
これはどう考えてもおかしいです。

色々調べてみても、放射能とクローンの危険性を比較したようなサイトは見つかりません。
知っている方がいらっしゃったら教えてください。

このように、一過性の怒りをぶつけているだけでは意味がありません
冷静な目で、物事を理解して(理解するようにして)、怖がるなら怖がる、無視するなら無視する様、考える必要があります。
せっかく情報があふれているのですから、メディアに振り回されているようでは駄目です。

理経済:マスコミの力は衰えていない①

その場のノリではなく、よくよく考えることが肝要だと思います。

|

« お知らせ | トップページ | 交付金と公共投資① - なぜ無駄遣いが止まらないのか »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

>煙草会社にお金をつかませて、煙草の価格を上げた方が効率的
それは今やろうとしていますね。復興財源の意味あいもあるでしょうが。
http://chi-wo.com/archives/15900312.html
それからトレーサビリティですが、マスコミが忘れても業界は忘れていません。
https://www.id.nlbc.go.jp/top.html
米については平成23年7月1日より施行でしたので、結果的に最善のタイミングだったと思います。

投稿: | 2012年9月 3日 (月) 18時39分

1コメさん
コメントありがとうございます。

>煙草会社
個人的にはタバコが嫌いなので、
吸わない文化が広まってくれるととてもありがたいです。

ただ、財源と言う意味では、必ずしも利益になるとも言えません。
以前ヘビースモーカーの森永卓郎が、
「タバコを一杯吸う方が早死にするから、トータルのコスト負担は下がる!」と言ってました。
確かにw
色々調べると、確かにそういう試算もあるようです。

>トレーサビリティ
是非推進していただきたいですね。
メディアはとかく、流行ってるものをさらに流行らせるのが得意です。

本質的に重要な事であっても、あまり追っかけている事はありません。

スポットライトはすぐには当たらないかもしれませんが、
今はネットのおかげで比較的情報発信がしやすくなりました。
その活動が進むことを心から願っております。

投稿: なる | 2012年9月10日 (月) 23時35分

逆算的な考えと、逆説的な生き方は凄く大事ですね、勉強になります。

投稿: 匿 | 2015年1月31日 (土) 13時53分

匿さん
コメントありがとうございます。

当時は数千人とか数万人とかの単位で健康被害が出ると言われていましたが、
あれから4年、あまりそんな感じでは無い気もします。
良いか悪いかはともかく、確かに「ただちに」影響は無かったようです。

というか、事件自体風化しかかっているあたり、
日本のメディア(国民?)の飽きっぽさと思慮の無さに、
予想通りとはいえ驚きます。

投稿: なる | 2015年3月 4日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/52154940

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能を正しく怖がる③ - 冷静な目で見る:

« お知らせ | トップページ | 交付金と公共投資① - なぜ無駄遣いが止まらないのか »