« 破綻国家ランキング | トップページ | 説得するのも大変① - アドバイスの見返り »

これを機に生活保護減らせば。

義援金や過払い金を「収入」とカウントし、生活保護を打ち切りにする様です。

東日本大震災の義援金や東京電力からの仮払金が収入と認定され生活保護が打ち切られる例が相次いでいるとして、被災地の生活保護受給者らが24日、義援金などを収入認定しないよう求める要望書を厚生労働省に提出した。
>>義援金や仮払金「収入じゃない」 受給者、厚労省に訴え

この調子だと徴税もありそうですね。
義援金や賠償金から税金は取らないだろうと思っていましたが、そこまで甘くなかったようです。

まあ、賠償金を受け取った人達から町民税が取れないと、財政が破綻しかねない状態でしょうから、役場は歓喜でしょうが。
特に原発周辺の町は、徴税できるか否かは死活問題です。

まあ、せっかくの機会なので、生活保護を順次打ち切っていけばいいんじゃないでしょうか。
働き口は、選ばなければ結構ありますし、ワーキングプアのような人もいます。

NEWSポストセブン:生活保護を受け働かない方が得になる状態はおかしいと識者

働いているのに生活保護より収入が少ないのはあまりにおかしいですし、彼らは何とか暮らしているわけですから、現在の生活保護水準は、健康で文化的な生活をおくるための金額以上と言うことになります。

記事の下の方に、病気で働けないと言っている64歳の方の話が載っていますが、こういう事象はむしろ稀なようです。
3,40代の人も多く、生活保護課の人が、「働きませんか?」と自宅に訪問しているみたいです。

ついでに言えば、64歳無職なんて人は山ほどいます。
普通60歳位に退職してしまうわけですから、60過ぎで無職無収入なんて、ごく普通です。
60歳以上の受給については見直しをしてみるべきです。
生活保護を順次打ち切るのは妥当な考えと言えます。

この手の話になると、「病気で働けない人はどうする!」とかになりそうですが、私の知る限り、病気でも立派に活躍している人は結構います。
代表は物理学者のホーキングでしょう。

スティーブン・ホーキング

彼は不治の病であるALSにおかされ、医者から余命数年と宣告されました。
さらに肺炎にまでかかり、生死の境をさまよいました。
今では殆ど体が動かず、しゃべることもままならないようです。
しかし、世界的な物理学の権威として君臨しています。

このように、体がボロボロになっていても何とかなります。
曰く「できないことを嘆くのではなく、できることを見つけていこう」だそうです。
多少の補助金は兎も角、今のように殆どすべてのお金を渡すのは、それこそ如何なものかと思います。

選ばなければ働き口は結構あります。
バイト募集の張り紙はいろいろなところに出ていますし、営業など、歩合制の所なら雇ってくれやすいでしょう。
後はやる気の問題です。

生活保護も考え物です。

|

« 破綻国家ランキング | トップページ | 説得するのも大変① - アドバイスの見返り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

生活保護の財政・社会負担は大きいですよね。
収入であるかその他の蓄えかなんて関係無いです。
入れ知恵したりして助長させる連中は多いみたいで。
将来的には裁判費用の扶助まで計画されているらしくて、
そうすると暇な連中が
公費で裁判起こしまくりそうですよね。

投稿: にのみや | 2011年6月26日 (日) 08時25分

いつも楽しく拝見しております。

全くもって同感です

ところで生活保護費用の一定割合をクーポン化して渡す様にしたらどうなのかと文章を読んでいて感じたのですがどうでしょうか(一目で生活保護とわかるスイカやEdyの様なもの)

少なくとも派遣村の様なパチンコ等に使われる事はさけられそうですね。

投稿: 滝谷 | 2011年6月26日 (日) 16時58分

にのみやさん
いつもコメントありがとうございます。

確かに裁判による"ゴネ"はおきそうですね。
アホな人は所詮暴力で訴えるしかできないので処理が簡単ですが、
頭のいい人が混ざっていると大変です。

生活保護の受給者は全国で142万世帯。
何割かはずる賢い連中もいるでしょう。
裏でヤク丸さんが入地絵しているみたいだし。

裁判の場合、同じ人がやりすぎると
訴訟権濫用で逆襲できますが、
別の人をスケープゴートにとっかえひっかえやられると、
対処は難しいでしょう。

頭のいい人と権力がある人は、暴走すると手がつけられません。
多少強権的にやらないとならないのですが、
まあ、今の状況では無理でしょうが。

投稿: なる | 2011年6月26日 (日) 19時16分

いつも楽しく拝見しております。

文章を読みながら感じたのですが生活保護の一定割合をクーポン化をしたらどうなのかと思いました。

派遣村の時の様なパチンコ等に消える事も少ないと思います

一目で生活保護とわかるスイカやEdyの様なもの等どうでしょうか?


投稿: 滝谷 | 2011年6月27日 (月) 08時54分

同じ内容の物を連続して
送ってしまい
どうもすみません。


コメント表示の仕組みを理解していなかったのですみませんでした。

投稿: 滝谷 | 2011年6月27日 (月) 08時58分

すみません

スパムメール対策とかでうまく投稿が表示されないのですがどのようにしたら良いのですか?

投稿: 滝谷 | 2011年6月27日 (月) 09時01分

滝谷さん
いつもコメントありがとうございます。

ココログの仕様で、短時間にコメントすると、
スパムとして別フォルダに行ってしまうようです。

許可IPとかできないか試したのですが、
ちょっと無理なようです。ごめんなさい。
コメントが表示されないようなら、
別コメントでお送りいただくか、
メールでお知らせください。
rikeizai理gmail.com
(「理」を「@」に変えてください)

さて本題に入りますが、
クーポンや小切手等はでの支払いはいいアイデアかもしれません。
今のままでは警察官を喜ばせるだけです。

地域振興券などの失敗は記憶に新しいですが、
景気刺激ではないので、特定のものにしか使えないのは
ありかも。

電子マネーだと履歴も残りますから、
実際にどう使われたか補足も比較的楽になります。

色々やり方はありそうです。

投稿: なる | 2011年6月28日 (火) 19時39分

サービス残業など、休みもないような人の出入りの激しい職ならたくさんあるでしょう。待遇のいい職はなかなかやめようとしませんからね。

投稿: nanasi | 2011年7月 7日 (木) 15時07分

nanasiさん
コメントありがとうございます。

>待遇のいい職はなかなかやめようとしません
本来、使えない人材、向いていない人材は、
会社側が首にするのですが、
日本では本人がやめると言わない限り追い出せません。

人材の流動性が下がりすぎると、
特定の人が集中的に痛い思いをします。

ある業種だけが人の出入りが激しいのは、
そのしわ寄せなのでしょう。

もうちょっと薄く広く伸ばした方がいいのですが。

投稿: なる | 2011年7月 7日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/52043008

この記事へのトラックバック一覧です: これを機に生活保護減らせば。:

« 破綻国家ランキング | トップページ | 説得するのも大変① - アドバイスの見返り »