« エネルギーの分散③ - 結局はバランス | トップページ | 案の定、東京電力が介入されてた »

煙草による死者が600万人に!

2011年の、煙草が原因とされる死亡者の数が、600万人に達する見通しだそうです。

WHOは、今年は喫煙が原因で約600万人が死亡する見通しで、そのうち60万人は受動喫煙によるものだと推計。この傾向が続けば、21世紀中に喫煙により10億人が死亡することになると警告している。
>>喫煙による死亡者数、年間800万人に達する恐れ=WHO

日本の人口は世界の2%ですから、単純に考えると日本では12万人が死んでいる計算になります

実際には医療レベルとか喫煙率があるので単純には言えませんが、まあ10万人位死んでいるのでしょう。
受動喫煙死亡者は1割ですから、1万人程度が死んでいる計算になります

広島原爆による死者数は14万人第一次世界大戦の死者数が1000万人ですから、それに匹敵する程危険なようです。
当時とは人口比率が違うので、単純比較はできませんが、かなり致死率が高い物である事は確かなようです。

死因はこんな↓感じ。

タバコによる世界の死亡者数(2005年)

社会実情データ図録:タバコによる世界の死亡者数

特に肺や気管がやられるようです。
イメージ通りですね。

そういえば、私の祖父も肺癌で死にました。
若い頃にタバコを吸っていた様ですから、それが年を取ってから効いてきたんですね。
近所にも酸素ボンベを引きながら歩いているおじいちゃんがいました。

私はタバコが苦手です。
明らかに健康に悪いのに、何で皆吸いたがるのでしょうかね

最近放射能が話題になっており、やれ何μシーベルトが出ているから外に出られないとやっていますが、そういう一家に限ってタバコを吸ってたりするんですよね。
理解に苦しみます。
滑稽ですが、まあ世の中そんなものです。

|

« エネルギーの分散③ - 結局はバランス | トップページ | 案の定、東京電力が介入されてた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/51926641

この記事へのトラックバック一覧です: 煙草による死者が600万人に!:

« エネルギーの分散③ - 結局はバランス | トップページ | 案の定、東京電力が介入されてた »