« 迷惑かけてないのに迷惑料払えってどういうことでしょうか | トップページ | 株主責任取らせたいなら早く動けばいいのに »

皮肉にも原発の魅力が上がっている

3月11日の地震以来、原発が世界中で非難の的になっています。
果敢に原子力に投資する人達もいますが、全体的には逆風が吹いています。

欧米の機関投資家は抜け目が無いので、原子力売り、火力買いを大量に行い、見る見るうちに価格差が出ています
結果、火力のコストが高まり原子力のコストが下がっています。

こちら↓はウランの価格と原油の価格です。
青がウランのETF、赤が原油のETFです。

URA vs OIL

Yahoo!Finance:Global X Uranium ETF (URA)

地震があった3月11日を境に、明らかにウランが売り込まれています。
一方石油はジリ高。
皮肉にも、福島原発騒動を切欠に、原子力のエネルギーコストが急激に下がっているわけです。

また、火力発電にはCO2がつきものです。
原油の価格も上がっていますが、排出権まで連れ高です。
リアルタイムの値は有料なので出せないのですが、現状は17$位です。

排出権の価格推移

みずほ情報総研:EU-ETSの現状とわが国が検討すべき論点

Pointcarbon.com

原子力の後始末も大変ですが、火力の後始末も彼らのせいで大変になっています。

何か、火力や自然エネルギーにすれば万事解決みたいな議論をしている人がいるようですが、世の中とはそこまで単純ではないようです。

|

« 迷惑かけてないのに迷惑料払えってどういうことでしょうか | トップページ | 株主責任取らせたいなら早く動けばいいのに »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/51636684

この記事へのトラックバック一覧です: 皮肉にも原発の魅力が上がっている:

« 迷惑かけてないのに迷惑料払えってどういうことでしょうか | トップページ | 株主責任取らせたいなら早く動けばいいのに »