« 英語もフィングリッシュも学ばないと | トップページ | 予想が甘かった… »

100,000年後の安全を見てきた

今日、その辺をぶらぶらしていたら、映画「100,000年後の安全」がやっている映画館がありました。
世情が世情なので、とりあえず見てみました。
内容としては、以前BSドキュメンタリーでやっていたもと同じものです。

映画『100000年後の安全』公式サイト

内容としては原発ではなく核廃棄物のお話です。

世界では原発がガンガン動いていますが、ここから発生した25万トンを超える核廃棄物をどうやって処理するかのお話です。
これによると、"オンカロ"と言われる地下貯蔵庫に突っ込むのが、現状最も良い方法との事です。

WATCH + TOUCH:「オンカロ」(フィンランド語で「隠し場所」)

核廃棄物が無害になるまで、約10万年が必要とされています。
しかし地上や海中で10万年保管するのは容易ではありません。
一方、地下は地上と違って安定しており、10万年単位でも変化が少ないだろうと考えられています。

確かにそうかもしれませんね。
日本はプレートを跨いで存在しているので地震が多いですが、安定陸塊だと地震も少ないですし。

問題は、人間自身がこのパンドラの箱を開けてしまわないかと言う事だそうです。
なにぶん10万年ですから、その頃には何を埋めたかなんて覚えていないでしょう。
5,000年前のピラミッド兵馬俑でさえ、考古学者が大挙して掘り返しているわけですし。

文字で伝えようにも、現代の文字が何時まで理解され続けるかわかりません。
1,000年もすれば、まったく違った言葉を話していたとしても不思議ではないからです。

感覚で訴えるために絵を使おうとの案も出ているようですが、表現が難しいそうです。
また、そういう怪しげな絵が描いてある方が、余計に好奇心をくすぐる可能性が高いとか。
好奇心は猫をも殺す」と言うやつですね。

映画のテーマはとても興味深い内容でした。
テンポが悪くて途中眠くて仕方ありませんでしたが。

|

« 英語もフィングリッシュも学ばないと | トップページ | 予想が甘かった… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/51579751

この記事へのトラックバック一覧です: 100,000年後の安全を見てきた:

« 英語もフィングリッシュも学ばないと | トップページ | 予想が甘かった… »